好きなこと、話そ!

雨宮 あゆみ

【Spa Award受賞!】高品質のタイナチュラルスキンケア&SPAブランド『HARNN』。

2016.4.16
世界でも有名なタイのナチュラルスパブランド『HARNN(ハーン)』。その魅力を探るべく、現地に直接取材をしてきました。日本ではなかなか見られないフレグランスやTeaなどの姉妹ブランドも登場。ラグジュアリーなトータルビューティーをご紹介します。

世界でも有名なタイのナチュラルスパブランド『HARNN(ハーン)』。その魅力を探るべく、現地に直接取材をしてきました。日本ではなかなか見られないフレグランスやTeaなどの姉妹ブランドも登場。ラグジュアリーなトータルビューティーをご紹介します。

Spa Awardsを取得した『HARNN』とは

IMG_5595

【タイ旅行記】vol.19

『HARNN』は天然植物の効能を最大限に活かして開発されたナチュラルスキンケアブランド。そのアイテムを使用したスパでも有名です。アジア、欧米諸国で製品が販売されているほか、バンコク国内や海外のホテルでアメニティーとしても使用されるなど世界中の人々に愛されています。ベトナムのビーチリゾート、ダナンにある『インターコンチネンタル ダナンサンペニンシュラリゾート』内にある『HARNN Heritage Spa』は『World Luxury Spa Awards 2014』を取得。世界一の品質、革新、サービスを有するスパとして評価されています。

『HARNN』の製品は現代の生活に自然のバランスを取り戻せるよう、厳選された天然植物を原料として使用されています。製品の主成分である米ぬかオイルには天然のビタミンEの他、r-オリザノールと呼ばれる米特有の成分が含まれているため、人間の皮脂に近く、これらの成分がお肌にハリや潤いを与えてくれるそうです。

高級な花々を贅沢に使用!『HARNN』人気アイテム

ブランドマネージャーのPloyさんに人気アイテムを聞いてみました。

IMG_5561
『Oriental Rose Collection オリエンタルローズコレクション』

高品質なバラをふんだんに使用した贅沢なローズの香りです。Ployさんはこちらのボディーバターを毎日使ってセルフケアをしているそうです。こだわりの品質とラグジュアリーなローズの香りに包まれてのケアは、まさに贅沢時間ですね!

IMG_5562
『Jasmine Collection(ジャスミンコレクション)』

そしてタイらしい香りで世界中の人を魅了する『Jasmine Collection(ジャスミンコレクション)』も人気。なんと1mlのエッセンシャルオイルを採るために、約6800ものサイアミンジャスミン花を使用しているそうですよ。なかでも、ハンドクリームは、贅沢な香りのお裾分けとして、お土産にぴったり。自宅やオフィスでちょっと一息したい時など、心安らぐ香りと、この保湿力に癒されるはず♪

各コレクションのラインナップ
・ヘアシャンプー&コンディショナー:各650B (約2275円)
・ハンドクリーム&シャワージェル:各790B (約2765円)
・ボディーローション:1120B (約3920円)
・ボディースクラブ:1490B (約5215円)
・ボディークリーム:1850B (約6475円)
・ボディーオイルスプレー:1590B (5565円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらも人気商品の『Natural Soap』190B(約665円)。ブランドのスタートとなった石鹸で、このお米の形はグッドデザイン賞を受賞しています。ナチュラル製法で作られ、米ぬか成分がお肌をしっとりと潤わせてくれます。お手頃価格でお土産にもおすすめです。

ボディーからフェイス、ヘアケアと様々なアイテムが揃っている『HARNN』。日本でも、関東では『そごう横浜』 6階、 関西では『阪急うめだ』7階などに店舗があります。その他にも、中目黒にある『BALS TOKYO NAKAMEGURO』や六本木ヒルズ『AGITO』にも製品がセレクトされており、実際に豊かな香りとハイクオリティーなアイテムをお試しすることができますよ♪

まるで王女様!極上スパ体験

世界でも高く評価されている『HARNN』のスパ『HARNN HERITAGE SPA』を体験しました。とある国の王女様もこちらのスパがお気に入りで訪れるそうです。

IMG_5581

スパは、バンコク市内の大型デパート『SIAM PARAGON』にある『HARNN』ショップに併設されています。中国の薬局をイメージしている店内のデザインは、壁に美しく製品が飾られていてアジアンスタイリッシュ。これからご紹介するHARNNの姉妹ブランドの『Vuudh(ウッド)』や『Tichaa(ティッチャ)』も購入可能です。

スパを受ける前にカウンセリングシートを記入。シャワーの有無やマッサージの力加減、特に念入りにケアしてもらいたい部分の希望などを伝えられます。

IMG_2780

今回は『HARNN Lifestyle Design』3,900 THB(120分、約13000円)を受けることに。このコースは下の3つから2つコースを選ぶことができます。
・HARNNマッサージ
・フェイシャルトリートメント
・スクラブなどが含まれるBody Pampering

私はフェイシャルケア製品を試してみたかったので、マッサージとフェイシャルトリートメントを受けることにしました。トリートメントに使用する香りも『HARNN』製品の中から選べます。

お部屋はアジアンモダンデザイン。とてもリラックスできる空間です。しっかりと研修を受けたセラピストのハンドマッサージは正に極上。私は半分、眠りに落ちてしまいました。選んだ鮮やかなローズの香りも加わって、心も体もリラックス。

フェイシャルはウォターリリーコレクションのフルトリートメント。ハス花エキス等の豊富な植物成分が配合されていてキメを整えてくれて、ふっくらとつややかに仕上がりました。頭からつま先までバッチリケアしてもらえる極上時間がタイ価格で味わえるのも大きな魅力です!!

忙しい日々も豊かに暮らす秘訣とは?タイ人マネージャーにインタビュー。

IMG_5912

ブランドマネージャー、Ployさんに “美” についてお話を伺いました。

写真・右が、ブランドマネージャーのPloyさん。ロンドンでアートを勉強後、2年間、日本の青森に留学していた経験もあるインターナショナルで多才な女性です。

ーあなたにとって美しさとは?

Ploy いいものを食べて、運動して、お肌をキレイに保つことが1番大切。もちろん内面のケアも大切だけど、やっぱり美を磨くための製品クオリティーも大切だと思います。信頼できるナチュラル成分と効果を重視しますね。いろいろと試してみて効果を見るようにしていますよ!

ー美のために心がけていることは?

Ploy 自家菜園していて取れたての野菜を食べたり、オーガニックフードを食べるようにしてますね(タイではオーガニックトレンドがきているそうです!)。ヨガやジョギングなどの運動もしますし、定期的に『HARNN』やお気に入りのスパに通ってメンテナンスしているんです。毎日、セルフケアとして『HARNN』の『ORIENTAL ROSE』のボディークリームを塗って夜はリラックス。一日の疲れを癒す大切な時間です。

ー日本の美についてどう思いますか?

Ploy 日本の美は "Simple is best"。シンプルなデザインを大切にするところがすばらしいと思います。パッケージデザインなど白や黒を基調としたデザインも多く、シンプルを大切にしていますよね。多くのデザインに用いられる形もcleanでシャープだったりするので、タイの多彩なデザインとは異なっていて、それにまたひかれます。日本人はお化粧がシンプルな人も多くて、それでも美しいのが素敵だと思います!ナチュラルな美がとっても上手(タイ人と日本人のお化粧は違うそうで、タイの人は濃いめのメイクを好むそうです!)。

ータイのおすすめスポットは?

Ploy サイアムエリア、カオサンロード、シーロムエリア、チャイナタウンは美味しくて安い屋台があっておすすめです。美容スポットはもちろん『HARNN』をおすすめします♪ あとはファッショナブルな国際的ブランドやタイブランドがある高級デパートの『サイアムパラゴン』。そして路面店などのデザイナーブティックや可愛いレストラン&カフェが見つけられるトンローエリアもおすすめ! トンローには日本人街があるので美味しいい日本食が食べれますよ。タイ人も日本食を食べにいくのが好きなんです!

日本を訪れた時がターニングポイントと話すPloyさん。それまでは大都市で時間に追われていた彼女でしたが、青森でのスローライフ、ナチュラルな生活で心境に変化が起こったそうです。静かな環境の中で自分と向き合え、「これがリアルライフだ!」と感じ、彼女はバンコクに戻ってもこのマインドを忘れたくないと、忙しい日々の中でもリラックスするように心がけているそうです。過去にデザインを学び、心と体の美をしっかりと見つめる彼女にとって『HARNN』はぴったりな職場だと感じました。そして忙しい日々を送る私たちにとっても、どんな環境にいても彼女のように上手にバランスを整えようと心がけるマインドは大切ですね。

取材で得てきたものは内面の美を磨くことやバランス、心を整えること。内側のケアもやはり大切だなとつくづく思いました。これは世界共通の “美” の要素かもしれませんね。


世界を旅するフレグランス

『HARNN』は、パッケージデザインでも数々の賞を受賞しています。そんな洗練されたデザインを活かして、コスメ以外にもキャンドルなどのフレグランスブランド、Teaブランドなどを展開しています。

まずは『Vuudh』というフレグランスブランド。

IMG_5569

フレグランス アイテムは、写真左から、
・ルームフレグランス(ディフューザー) 1250B(約4375円)
・アロマキャンドル 1800B(約6300円)
・ルームフレグランススプレー 990B(約3150円)

上の3アイテムがあり、9つの香りごとに “旅の思い出” をイメージした名前がつけられています。創業者が街によって、それぞれの香りがあることに気づき、旅の思い出とともにその香りも届けたいという思いでつけられたネーミングだそうです。

IMG_5593

1番人気の香りは『Siamese Jasmine』のBangkok。『Mumbai』のMon Roseも女性に人気です。日本の『kobe』をイメージしたFresh Grassの香りも。日本人としてやっぱり気になります。

IMG_5590

バンコク市内にある高級デパート『セントラルエンバシー』の『Vuudh』の店舗にも伺いました。

デザインや飾り付けがスタイリッシュで、香りごとにその国を思い起こさせるポストカードが飾られていたりとトータルデザインの美しさに引き込まれました。ディフューザーの入れ物(1400B 約4900円)がとっても可愛くオシャレで一目ぼれ。ガラス素材なのに丸みを帯びた形をしていて透明感と柔らかい印象を与えるデザインです。

様々な種類がある『Vuudh』には気分に合わせたお好みの香りがみつかるはず。セントラルエンバシーの1階には『HARNN』のショップもあるので一緒にチェックもできちゃいます♪

コレクションしたくなるTeaブランド

IMG_5575

続いての『HARNN』の姉妹ブランドはTeaブランド、『Tichaa』。

デザインと品質にこだわる『HARNN』らしく、このブランドもパッケージが可愛すぎてお部屋に何個もそろえたくなります。オーガニックやナチュラル製法の農園で栽培された茶葉を使用していて、上品で香り豊なTeaを楽しめます。

IMG_5582

『Jasmine Candle Scented White Mulberry Tisane』というジャスミン、ホワイトマルベリーなどを合わせたTea(480B 約1680円~) 。ジャスミンの香りと深みあるまろやかな味わいでおすすめです。お家カフェで活躍するアイテムになるであろう、これらの素敵なデザインのTea set(カップ:B375 約1320円~)やTeaに入れられるエッセンシャルオイル(720B 約2520円)なども販売されています。

IMG_5586

ジャスミンティーに『White Crane』というJasmine & Mintのエッセンシャルオイルを数的たらすとジャスミンの香りがさらに豊になり、ミントの香りがす~っとフレッシュに! すっきりとしたパンチのあるTeaは食後やリフレッシュしたい時におすすめです。私はこのエッセンシャルオイルがすごく気に入りました。

『Tichaa』は日本未上陸。タイの『HARNN』ショップなどで購入可能ですのでタイに行った際はぜひチェックしてみて下さい。こだわりのデザインは、見ているだけで「素敵だな〜」っとトキメクものがたくさんありますよ!

Information

■ HARNN
■ Vuudh
CENTRAL EMBASSY
住所:1031 Ploenchit road, Pathumwan, Bangkok 10330 Thailand
Tel. +662 119 7777
アクセス:BTSプルーンチット駅、チットロム駅から徒歩
Tel: +66-2-610-9715-6

-HARNN Web site
http://www.harnn.com/index.php/harnn

-Vuudh Web site
http://www.vuudh.com

■HARNN HERITAGE SPA
■Tichaa
HARNN HERITAGE SPA, SIAM PARAGON 4th Fl
住所:433, 4th Fl., Siam Paragon 991 Rama I Road
アクセス:BTSサイアム駅の3番出口からサイアムパラゴンデパートへ
Tel: +66-2-610-9715-6

(TichaaはHARNNのその他のショップで購入もできます)

Tichaa Web site
http://www.tichaa.com

■日本のHARNN Web site

http://shop.harnn.jp

この記事を書いた人

雨宮 あゆみ
記事数:52 Posts

旅・音・食・オシャレを愛するTraveler。 世界を40カ国、1人でバックパッカーするなど様々な旅スタイルの経験をもとにラグジュアリーな旅やローカルな旅、自分の旅のレポートなど"ヒト・モノ"も交えたWorld wideな情報をお届けします。 "Traveling is Living♪"