好きなこと、話そ!

雨宮 あゆみ

【世界No.1カレー登場!】川辺で夕日を眺めながらタイ料理♪ 最新スポットご紹介します!

2016.3.5
今回は、バンコク・チャオプラヤー川沿いに、去年openしたばかりの最新商業スポット、『Yodpiman River Walk(ヨッピマン・リバーウォーク)』をご紹介します。世界でもっとも美味しい50種類の食べ物で、1位にも選ばれたことのあるタイ南部のご当地カレーも登場♪

今回は、バンコク・チャオプラヤー川沿いに、去年openしたばかりの最新商業スポット、『Yodpiman River Walk(ヨッピマン・リバーウォーク)』をご紹介します。世界でもっとも美味しい50種類の食べ物で、1位にも選ばれたことのあるタイ南部のご当地カレーも登場♪

Yodpiman River Walkとおすすめルート

o0480036013507556192

【タイ旅行記】vol.17

このモールは、2015年3月にグランド・オープンしたばかり。1階にはアクセサリーショップやお土産物店が入っていて、2階の川沿いにはテラスとレストランが約300mほど並びます。

前回ご紹介したフラワーマーケットのすぐ裏手にあるので、ここでお食事してから花々を見に行くのもとっても効率のいいルート。次のようなプランがおすすめですよ♪
・夕暮れ前、Yodpiman River Walkに到着
・川沿いをお散歩しながら夕日を眺めて、お好みのレストランでお食事
・お腹も満たされたところで裏手のフラワーマーケットへ

o0480048013507556219

モールでは、夕日とピンク色の空をバックにワット・アルンを眺めながらお食事ができます。レストランは日本でも人気の『Mango Tree』やカフェ風タイ料理レストランなど。『スターバックス』もこのビル内にあります。

o0480036013507556159

あいにくの曇りでしたが、川辺の空の移り変わりは見ていて美しく、とっても心地よかったです。

オシャレなカフェ風タイ料理

o0480048013507556187

ディナーは『MAE YUI RIVER CAFE & BAR』 でいただきました。川沿いのためか涼しく、テラス席は優雅に時間を過ごせます。

o0480048013507556145

ずらりとオシャレなタイ料理がたくさん並びます。

o0480048013507556227

サクサク感が楽しい大きなエビ。タイといえば美味しいエビがたくさん!

世界でもっとも美味しい食べ物、1位にも選ばれたことのあるご当地カレー

o0480036013507556195

私の大好きなマッサマンカレーもいただきましたマッサマンカレーはアメリカの人気情報サイト『CNNGo』で世界でもっとも美味しい50種類の食べ物、1位にも選ばれたことのあるタイ南部のご当地カレーです。鶏肉を柔らかく煮込み、スパイスの辛さと、ココナッツミルク&ピーナッツの甘みがマッチした濃厚な味わいが特徴です。実はマッサマンとはイスラム教のという意味があり、タイ南部のイスラム教を信仰していた人がよく食べていたカレーなんですね。

甘辛いマイルドな味わいでくせになります。日本でも最近、食べれるタイ料理屋さんが増えているので1度、お試ししてみて下さい。

タイの風物詩! トゥクトゥクで移動

o0480048013507556171

Yodpiman River Walk⇒フラワーマーケット⇒トゥクトゥクでチャイナタウンへ移動しました。フラワーマーケットからチャイナタウンへは、夜の渋滞がなければタクシーやトゥクトゥクで15分ほど。100B(約350円)ほどで行けます。

時にはメーター制のタクシーの方が便利で安い時もありますが、せっかくタイに来たのでドライバーさんと交渉して、夜風にあたりながらトゥクトゥクに乗るのもとても気持ちがいいですよ♪ その日の気分に合わせて、夜のツアーをコーディネートしてみて下さい。

Infomation

Yodpiman River Walk(ヨッピマン・リバーウォーク)
http://www.yodpimanriverwalk.com/home/

■アクセス
<船利用>
BTSサパーンタクシン駅から、チャオプラヤーエクスプレスに乗って約10分上流へ向かう。
プラ・ポックラオ橋と、プット橋を過ぎた ”N6” のYodpiman(ヨッピマン)で船を降りると直結で着く。

<タクシー利用>
Pak Khlong Flower Market
MRTフアランポーン駅近辺よりタクシー乗車
約10分(50~70B)*混雑状況により異なる

この記事を書いた人

雨宮 あゆみ
記事数:44 Posts

旅・音・食・オシャレを愛するTraveler。 世界を40カ国、1人でバックパッカーするなど様々な旅スタイルの経験をもとにラグジュアリーな旅やローカルな旅、自分の旅のレポートなど"ヒト・モノ"も交えたWorld wideな情報をお届けします。 "Traveling is Living♪"