好きなこと、話そ!

料理家 SHINO

【風邪予防に】ビタミンCや抗酸化物質など栄養豊富!『ブロッコリーのペンネアラビアータ』。

2016.2.29
連載第6回目は、ビタミンCがたっぷり含まれる優秀な緑黄色野菜 “ブロッコリー” を使ったパスタです! 今回はアラビアータソースと合わせて彩りよく仕上げます♪

連載第6回目は、ビタミンCがたっぷり含まれる優秀な緑黄色野菜 “ブロッコリー” を使ったパスタです! 今回はアラビアータソースと合わせて彩りよく仕上げます♪

『ブロッコリーのペンネアラビアータ』

penne07

【旬を味わう♡ 美人レシピ♪】vol.6

旬食材は、ブロッコリー!

penne03

11月~3月に旬を迎えるブロッコリー。緑黄色野菜として親しまれているこちらには、ビタミンCがたっぷり含まれています。たった2~3房程度食べるだけで1日分のビタミンCを摂取できると言われ、レモンよりも多く含まれているのです!そのほか、β-カロテンも豊富に含まれ、ビタミンCとの相乗効果で風邪を引かない身体づくりに役立つでしょう。もちろ抗酸化物質も多く含んでいるので美容にも効果があります!また芯の部分にも食物繊維がたっぷり含まれ、腸内環境を整えてくれますから捨てずに利用しましょう!

ブロッコリーにはビタミンCやβ-カロテンなど美容と健康に嬉しい成分がたっぷり!ぜひいまの時期に積極的に取り入れたいお野菜ですね♡

材料はこちら!

penne04

【材料(二人分)】

(アラビアータソース)
・ホールトマト缶 :1缶
・オリーブオイル :大さじ3
・ニンニク :2片
・唐辛子 :2本
・バジル :2枝
・塩 :小さじ1/2
・きび砂糖 :小さじ1/2
・コショウ :適量

・ペンネ :120g
・厚切りベーコン :40g
・ブロッコリー :1/2株
・オリーブオイル :適量
・塩 :適量
・コショウ :適量

(仕上げ用)
・オリーブ油 :適量
・イタリアンパセリ :適量
・パルメザンチーズ :適量

・パスタ茹で用の塩 :湯に対して1%量

まず、下準備を始めます。~その1:材料を切ります。

penne06

●ニンニクは皮と芯を除き、みじん切りに。
●唐辛子は長さ半分に切り、種を除く。
●厚切りベーコンは短冊切り。
●ブロッコリーは良く洗い、小房に分ける。
●イタリアンパセリは細かく切る。

下準備を始めます。~その2:パスタを茹でるお湯を沸かします。

●大きめの鍋にパスタ茹で用のお湯を3L程度沸かす。

たっぷりのお湯で茹で上げると美味しく仕上がります!

はじめに、アラビアータソースを作ります! 香りが出るまでニンニクを火にかけます。

penne08

●フライパンにオリーブ油、ニンニクを入れ、弱火で香りが出るまでじっくり火にかけます。
●ニンニクが香ってきたら火を止めて、鷹の爪を加え中火でフライパンをゆすりながらオイルに香りを移します。

トマトを加えます。

penne09

●トマトをつぶしながら入れます。
●続けてバジルを加え、水気を飛ばすように10分程中火で煮詰めます。

ソースを仕上げます。

penne09.jpg0

●どろっとソース状に煮詰まったら、塩、きび砂糖、こしょうを加え、味を調えます。
●よく混ぜたら火を消し、ボウルに移します。アラビアータソースの完成です!

トマトは酸味が強いので砂糖を加えることで味が調います。

ペンネを茹でます!

penne10

●たっぷりのお湯に塩(お湯に対して1%程度)を加え、ペンネを茹で始ます。

パスタソースができるのと同時に、茹で上がるように始めましょう! パッケージ表記より2分程度早くゆで上げるとアルデンテで仕上がります!

ペンネを茹でてる間にソースを仕上げます。

penne12

●フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンを炒め、アラビアータソースを加え温めます。
●煮詰めすぎたらパスタの茹で汁を加え調整し、塩・こしょうも加え、味を調えます。

ブロッコリーを茹でます。

penne11

●パスタの茹で上がり時間の2分前程度になったら、同じ鍋にブロッコリーを加えて一緒に茹でます。

ペンネをソースへ加えます!

penne13

●茹であがったペンネとブロッコリーをしっかり水切りし、仕上げたソースが入ったフライパンへ加えます。
●弱火で手早くソースに絡ませます。

ペンネを加えたら必ず手早く混ぜ、アルデンテに仕上げましょう!

仕上げに、オリーブオイルをまわしかけ、完成♪

●仕上げにオリーブ油を一周まわりしかけ、完成!
●お好みでイタリアンパセリ、パルメザンチーズを散らします。

お皿に高めに盛り付けると、見ためもきれいに仕上がります♪

おいしさのアレンジポイント♪

penne14

パスタはお好みのパスタを使用してください。辛めの味がお好みの方は、唐辛子を増やすとスパイシーに仕上がります。

Information

料理教室『ごぼう茶.com』♪
http://goboucha.com/

この記事を書いた人

料理家 SHINO
記事数:58 Posts

大学卒業後、航空会社勤務を経て、本格的に食の世界へ。自宅にて料理教室「ごぼう茶.com」を主宰。フードコーディネーターとして、大手企業のメニュー開発やフードスタイリングなど食に関するあらゆる分野にて活動中。この連載では、旬の食材を使った美人レシピをご紹介します♡