好きなこと、話そ!

料理家 SHINO

【旬の根菜で温活♪】『ゴボウと人参のポタージュ』で、体をやさしく温める。

2016.2.2
連載第1回目は、冬に美味しい “ゴボウ” を使ったポタージュです。ゴボウと人参の甘みが豆乳と合わさって、体にやさしく温まるスープができました♪

連載第1回目は、冬に美味しい “ゴボウ” を使ったポタージュです。ゴボウと人参の甘みが豆乳と合わさって、体にやさしく温まるスープができました♪

『ゴボウと人参のポタージュ』

goboupotage1000

【旬を味わう♡美人レシピ♪】vol.1

初回の旬食材は、ゴボウ!

anan_gobou01

11月から2月の秋~冬が、ゴボウの旬です。食物繊維が非常に豊富なので、腸内環境を整えてくれる優秀なお野菜! ほかにもカリウムやカルシウム・マグネシウムなどのミネラルも豊富で、ポリフェノールの抗酸化作用により、血液をサラサラにしてくれたり、うれしい若返り効果まで期待出来ます。

美容と健康に効果的な素晴らしい栄養が満載のゴボウは、ぜひ女性に取り入れて頂きたい食材なのです♡

材料はこちら!

anan_gobou02

【材料(二人分)】
・ゴボウ  1/2本
・人参  1/2本
・長ネギ  1/3本(玉ネギでもOK!)
・ショウガ  ひとかけ
・昆布だし  350ml (チキンコンソメストックでもOK!)
・豆乳  50ml(牛乳でもOK!)
・塩  小さじ1/3~
・コショウ  少々
・オリーブ油  適量

まず、下準備を始めます~その1:昆布だしをとります。

anan_gobou03

●昆布(長さ10㎝程度の大きさ)を大きめのビン等に入れ、水を1L注ぎラップをしてひと晩冷蔵庫で浸して置く。

美味しい昆布だしの出来上がり!

下準備を始めます~その2:野菜を切ります。

anan_gobou08

●ゴボウは土を落としよく洗い、薄切りにしておく。
●人参は皮をむき薄切りにしておく、長ネギも輪切りの薄切りにしておく。
●ショウガは土や汚れを水でよく洗い流し、皮つきのまま千切りにしておく。

ショウガは皮の部分に栄養も香りもたくさんあるので出来るだけ皮つきのまま使いましょう!

では、作ります! まずは、長ネギを炒めます。

anan_gobou04

●厚手の鍋にオリーブオイルを入れ中火で熱します。
●まずは長ネギから入れて、しんなりするまで焦がさないようによく炒めます。

ほかの野菜も加えて、よく炒めます。

anan_gobou05

●長ネギが、少し “くたっ” となったところで、ごぼう・人参・ショウガを加え、さらによく炒めます。

炒めたら、柔らかく煮ます。

anan_gobou07

●全体に油が回ったら、昆布だしを加え、蓋をして弱火で10~15分、お野菜が柔らかくなるまで煮ます。

しっかり煮たら、ブレンダーの登場!

anan_gobou06

●お野菜がしっかり柔らかくなったら、ブレンダーまたはミキサー、フードプロセッサー等でなめらかになるまでよく撹拌します。

味を調えて、豆乳をプラス。

●なめらかになったら塩・コショウ、豆乳を加えて、中火でゆっくり温めます。

必ず “中火でゆっくり” がおいしさのコツ。沸騰させると豆乳が分離してダマになってしまいます。

仕上げに、オリーブオイルを♪

goboupotage1024

●味をみて、足りなければ塩・コショウを加え味を調え、器に注ぎ、オリーブ油をスプーンで2、3滴落とします。

お好みで青ネギの小口切りや、パセリのみじん切り等を散らすと、見ためもきれいに仕上がります♪

おいしさのアレンジポイント♪

昆布だしの代わりに、固形スープをお湯に溶かしたコンソメストックでも美味しく仕上がります。その場合は塩の量を減らしてください。コクをアップさせたい場合は、仕上げに生クリームを大さじ2程度入れるとリッチさがUPしますよ♪

Information

料理教室『ごぼう茶.com』♪
http://goboucha.com/

この記事を書いた人

料理家 SHINO
記事数:61 Posts

大学卒業後、航空会社勤務を経て、本格的に食の世界へ。自宅にて料理教室「ごぼう茶.com」を主宰。フードコーディネーターとして、大手企業のメニュー開発やフードスタイリングなど食に関するあらゆる分野にて活動中。この連載では、旬の食材を使った美人レシピをご紹介します♡