好きなこと、話そ!

西田 彩花

別に結婚しなくてもよくね…? 男の決断を鈍らす「同棲の落とし穴」

2018.1.31
大好きなカレともっとラブラブな時間を過ごしたい…! そんな思いから同棲に踏み切る方も多いでしょう。同棲は確かに良い面もありますが、デメリットもあります。婚期を逃すきっかけにもなりかねないので、同棲をうまく捉え、まずはカレとも話し合うようにしましょう。

大好きなカレともっとラブラブな時間を過ごしたい…! そんな思いから同棲に踏み切る方も多いでしょう。同棲は確かに良い面もありますが、デメリットもあります。婚期を逃すきっかけにもなりかねないので、同棲をうまく捉え、まずはカレとも話し合うようにしましょう。

同棲のデメリット〜ずるずると結婚が先延ばしになってしまう〜

結婚したい女性にとって一番のデメリットといえるのがこちら。愛を確かめ合いながら結婚に向かっていきたいと思っていたのに、逆に結婚が先延ばしになってしまうことがよくあるのです。

その一番の理由は ”安心感”。同棲がうまくいっていると、その生活に安心してしまうのです。それ自体は良いことなのですが、カレが「このままで良いや」と満足してしまうことにも……! 女性と男性の結婚観は違うもの。男性のほうが、結婚することに対して重圧を感じていることが多々あります。そういった価値観があると、今の同棲生活に満足してしまい、「これ以上責任を負いたくない」と思ってしまうのです。

最初は結婚すると約束していたのに、ずるずる先延ばしされてしまうというのもよくあること。結婚願望がある方は、そのあたりを考えつつ同棲に踏み切ったほうが良さそうです。

同棲のメリット〜お互いの生活の相性を知ることができる〜

メリットとして挙げられるのは、価値観のズレなどをすり合わせられる点です。お互い違う環境で育った2人なので、生活においての価値観などが異なるのは当たり前。外のデートだけではわからなかった面もたくさん見えるでしょう。嫌な部分も見てしまうかもしれませんが、むしろそれはメリットといえます。結婚してから一緒に暮らしても、どのみちその嫌な部分は見えてしまいます。遅かれ早かれの問題なのです。

そうした価値観のズレを結婚する前にすり合せるのは良いことです。入籍してしまうと、手続きや家族間での付き合いもあり、簡単に離れることはできません。同棲して価値観が違うところを話し合うことを繰り返した結果、うまくいかないこともあります。でも、そのうまくいかなかった部分は、結婚していたとしても解消できないところだともいえるのです。生活の相性をお互いに知るという点で、同棲は良い方法だと考えられます。

同棲は ”期限付きの準備期間” だと捉えてみましょう

同棲を ”愛を深めながら結婚に向かう道” だと捉えると、あなたにとってもカレにとっても負担になりかねません。楽観的な考えで同棲を視野に入れている方は、一歩引いて冷静になってみることも大切かもしれませんね。

生活においての価値観を確かめ合い、結婚して幸せになれるのかをお互いに見極めていく期間が同棲なのだと捉えると良いかもしれません。結婚を見据えているなら、同棲前にそのことをハッキリと伝えましょう。”1年” など、具体的な期間を決めておくのもひとつの手段。相性は良いのにずるずる結婚できないということを避けられます。

結婚はゴールではありません。結婚してからが、本当のスタートなのです。ともに幸せな人生を送るための準備期間として、良い同棲生活を送れると良いですね。


#恋愛 記事、
#男の本音 記事を、もっとみる。

#占い 記事、
#エッチな 記事も読んでみる。

【恐怖! 年々目立つ…】毛穴、たるみ、くすみ。肌トラブル対策を教えて!

(C)Wavebreakmedia/Gettyimages
(C)Petar Chernaev/Gettyimages
(C)oneinchpunch/Gettyimages

この記事を書いた人

西田 彩花
記事数:89 Posts

美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバイザー検定資格保有。 マスコミ系企業に就職中に美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。 キレイになりたい!と願うあなたに響くような情報をお届けできればと思います。