好きなこと、話そ!

玉絵 ゆきの

【××リップは怖い】男性が「デートはムリ!」と思う “ヤリスギメイク”

2017.10.15
美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第5回目は「ヤリスギメイク」の話。コスメ・メイク好きがついやってしまうのが自分の好みに走り過ぎた〝ヤリスギメイク″。大好きな彼と過ごすときは、客観性を持ち冷静にメイクを楽しむのが大人というもの。あなたのヤリスギメイク、添削しますっっ!!

美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第5回目は「ヤリスギメイク」の話。コスメ・メイク好きがついやってしまうのが自分の好みに走り過ぎた〝ヤリスギメイク″。大好きな彼と過ごすときは、客観性を持ち冷静にメイクを楽しむのが大人というもの。あなたのヤリスギメイク、添削しますっっ!!

メイクは自己表現、好かれるも引かれるも自分次第

【tamaebeauty 】vol. 5

私は、メイクを自己表現だと捉えているので「うわあああこのグロスかわいいぃ」と、心にピン! ときたものがあれば、我慢せず十分に楽しむべきだと思っています。常に頭の中が仕事100%で、四六時中マイタスクのことを考えているのは人間としてさみしいですし、自分の心の些細な反応は大切にするべきです。
で・す・が、メイクの場合それは女子会の時まで。

いつの時代も、男性が女性に求めることの上位には「癒し」がありますから、「この子って話しやすいな」「一緒にいて落ち着くな」と思われるような「メイク」を覚えておいて、損はありません。それが、心の赴くままにしたメイク、またはトレンドメイクでないことが多いので、まったくややこしいですね! 

自己満キャットラインをやめ、ペンシルで「隙」を演出

ブラックリキッドアイライナーで目尻をキュン! っと上げる、あのアイメイク。目の横幅が強調され、横を向いても印象的。跳ね上げたアイラインで多方面で魅せるメイクをしている時、気分は正に外国人モデル。ゴキゲンなあまり、ヒール靴でお尻をフリフリしながら歩きたくなりますが、男性からは「隙が無さそう」、「流行りに敏感すぎて話が合わなそう」などと思われ、評価はイマイチ。

男性が話しかけるチャンスを与えるような「隙」は、顔で最も目立つパーツ「目」で演出してしまいましょう! それにしてもこの「この隙が無さそう」って言う印象、こっちはそのつもりは無いのに失礼しちゃいます!

anan

左:リキッドアイライナー使用 右:ペンシルアイライナー使用

同じブラックのアイラインでも、リキッドとペンシルではこんなに印象が違います。おうちデートや、遅く起きた休日にカフェテラスで過ごすのほほんランチデートには、攻めメイクでなくこれくらいの抜け感があると、彼もリラックスできるかも!

主張が激しい赤リップ。うっかり彼を威嚇しています。

普遍的に私たちの心を揺さぶる、均一に深紅に染まった唇。それがセルフメイクで叶うならと、私たちは熱心に練習したりしますが、男性にはミステリアスに見え過ぎて、パートナーとして選びにくいようです。女子会では、練習の成果を大いに披露し、そのあと彼に会う前に、便利アイテムで色を調整しましょう!

ヤリスギメイクを調整できる、ニューアイテム。

名称未設定 1

メイベリン リップ フラッシュ 左:WH01 ピュアホワイト 右:BK01 シアーブラック 各1,200円(税抜)。現在発売中。

珍しい白と黒のリップ。「メイベリン リップ フラッシュ」は、手持ちのリップに重ねることで発色のニュアンスをチェンジできる、まさにヤリスギメイクを防ぐようなアイテム。

ヤリスギ赤リップに透明感をプラス

名称未設定 2

左:リップ フラッシュ RD01 右:リップ フラッシュ RD01にWH01 ピュアホワイト重ねた発色

濃くしすぎた赤リップの色を抑えたい場合は、WH01 ピュアホワイトを重ねて。透明感がプラスされ、ニュアンスが変化します。逆に、明るいブライトンカラーのリップのトーンダウンには、BK-01 シアーブラックを。深みがプラスされ、発色に変化がおきます。この魔法のような感覚を、ぜひ自分の唇で体験してほしい。

ポイントメイクの強弱をマスターし、彼の前ではマリリンモンローより聖母マリアを目指して。

Information

メイベリン リップ フラッシュ
https://www.maybelline.co.jp/lip/lipstick/lip-flush

ライター・玉絵のツイッターとインスタグラムもチェックしてくださいね♪

ツイッター
https://twitter.com/YUKINOte_
インスタグラム
https://www.instagram.com/tamae_yukino/

この記事を書いた人

玉絵 ゆきの
記事数:24 Posts

「美容もファッションもセンスではなく理屈だ!」をモットーに納得できるわかりやすい記事を心がけています。ここではブランドの新製品発表会レポートや新製品を実際に試したコスメレポートを更新します。個人SNSでは出席した発表会の速報をいち早くつぶやいています。女性のお役に少しでも立てるよう良い記事を目指します!