好きなこと、話そ!

田代 わこ

「へぇ~」満載! よく聞く “アール・ヌーヴォー“ の意味、知ってる?

2017.9.11
女子的アートナビ番外編、今回はパリで人気のおしゃれ建築スポット3選をご紹介。ウエディングフォトの撮影や映画のロケ地などにも使われているステキな場所も見てきました!

女子的アートナビ番外編、今回はパリで人気のおしゃれ建築スポット3選をご紹介。ウエディングフォトの撮影や映画のロケ地などにも使われているステキな場所も見てきました!

ウエディングフォトでも人気!

【女子的アートナビ】番外編

パリのおしゃれ建築スポット3選、まずはパリのセーヌ川に架かる “アレクサンドル3世橋” からスタート!

IMG_3380 (800x633)

ロシア皇帝アレクサンドル3世の息子、ニコライ2世によって寄贈されたこの橋は、とにかくゴージャス! パリで最も美しい橋ともいわれています。

IMG_3414 (300x300)

川の左岸には、ナポレオンの墓所としても有名なアンヴァリッドの金ぴかドームも見えるので、一緒に写真を撮るとさらにゴージャス! アール・ヌーヴォー様式を取り入れた街灯や彫刻などは芸術作品のようです。

この橋は、1900年のパリ万博にあわせて建設されたもの。すぐ近くにあるプティ・パレ(パリ市立美術館)とグラン・パレ国立ギャラリーも同じ時期に建てられました。さすが、フランスの威信をかけてつくられているだけありますね。すべてが美しいです!

IMG_3411 (300x300)

エッフェル塔もすぐ近くに見えるので、記念撮影スポットとしても大人気! 私が訪れたときも、純白ウエディングドレス姿の女性と新郎らしき人のカップルを何組か見かけました。この場所なら、ロマンチックな雰囲気の写真が撮れそうです。

写真映えするカッコイイ場所!

IMG_3383 (800x472)

次にご紹介するのは、“パレ・ロワイヤル”。かつてルイ14世が住んでいたこともある王宮で、ルーヴル美術館のすぐ近くにあります。現在、この建物は劇場や役所関係などさまざまな用途に使われ、回廊の部分には商店が並んでいます。

IMG_3379 (800x599)

ここには庭園もあるので、天気の良い日にはお散歩するのにぴったり。例えばルーヴル美術館でたくさん絵画を見たあとに立ち寄ると、いい気分転換になります。

パレ・ロワイヤルは建物の外観もいいのですが、特にステキなのが回廊部分。

IMG_3350 (240x300)

雰囲気抜群でカッコイイ! ここは映画のロケ地としてもよく利用されているようです。

地下鉄の駅もカワイイ♡

metroparis (800x374)

最後にご紹介するのは、地下鉄の駅入り口。とってもカワイイのです! パリの地下鉄は、1900年のパリ万博にあわせて開通。その入り口設計を依頼されたのは、アール・ヌーヴォーを代表する建築家、エクトル・ギマール(1867-1942)です。

アール・ヌーヴォーとはフランス語で「新しい芸術」という意味で、1900年のパリ万博前後にヨーロッパで広まったデザイン運動のことを指します。その特徴は、花や植物のしなやかな曲線を使っている点。ギマールの駅にも美しい曲線が使われているので、ぜひじっくりと観察してみてください。

街全体がアート!

建物や橋、地下鉄入り口などの優美なデザインが街じゅうにあふれているのですから、やっぱりパリの街は美しい! まさに街全体がアートです。

こんな美しい街も、第二次世界大戦中には爆破の危機にさらされていました。ヒトラーが「パリ壊滅作戦」を命じていたのです。2015年に公開された映画『パリよ、永遠に』(監督:フォルカー・シュレンドルフ)では、パリを守った男たちのドラマが描かれています。そんな映画なども見てから街歩きするのもまた楽しいですよ。

パリに行ったら、美術館だけでなく街の中にあるアートな景色も味わってみてくださいね!

この記事を書いた人

田代 わこ
記事数:159 Posts

出版社勤務を経て、フリーランスのライター・エディターに。主にエンタメ系コンテンツ記事を執筆。趣味は美術鑑賞と絵を描くこと。ananwebでは「カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク」も連載中です!