好きなこと、話そ!

角 侑子

【品良く…のつもりが地味?】失敗しがちなシンプル夏コーデの落とし穴!|デキるOLマナー&コーデ術 ♯42

2017.8.11
流行を追いかけたファッションや、ゴチャゴチャと着飾るスタイルは好みじゃない。大人の女性ならばなおさら、シンプルに品良く、清楚な印象を持たせたいものですよね。だけどファッションは周りからどう見えるかが大事です。ご自身が品良く清楚のつもりで整えたファッションは、周りから見ると地味で暗い印象になっている可能性が……! そこで今回はシンプル派にお伝えする、地味な印象に見えがちな失敗コーデの特徴と改善方法についてご紹介します。

流行を追いかけたファッションや、ゴチャゴチャと着飾るスタイルは好みじゃない。大人の女性ならばなおさら、シンプルに品良く、清楚な印象を持たせたいものですよね。だけどファッションは周りからどう見えるかが大事です。ご自身が品良く清楚のつもりで整えたファッションは、周りから見ると地味で暗い印象になっている可能性が……! そこで今回はシンプル派にお伝えする、地味な印象に見えがちな失敗コーデの特徴と改善方法についてご紹介します。

アナタは大丈夫?暗く地味に見えてしまう人の特徴

シンプルコーデ

【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 42

・クローゼットは黒・灰・茶・カーキがほとんど
・ヘアアレンジはほぼしない
・バッグや靴も合わせやすさ重視で選ぶ
・安心感のある締めつけない服を好む
・メイクは色みをほぼ使わないスキンメイクが多い

地味で暗く見えてしまう一番の要因は、色みと明るさが足りていないことが挙げられます。洋服だけでなく、靴・バッグ・アクセサリーなどの小物からメイク、ヘアアレンジに至る全てのコーディネートを見た時に、ちょっと明るさも色も足りないなと感じれば周りから見たら地味な印象になっている可能性が高いです。お出かけ前に鏡で全身をチェックしておきましょう。

全体コーデの4割程度は明るさを入れる

トーンアップ

黒、グレー、茶色、カーキはベーシックカラーと言われていて着回しに重宝する色合いでファッションにおいては必要不可欠な色。しかし、これだけでコーディネートをすると暗い印象になるので、明るい白系の色と、優しい色みのカラーアイテムを意識的に取入れましょう。最低でも全身コーディネートの4割程度は白を含めた明るい色を取入れましょう。

真っ黒な黒髪より、透け感のある「暗髪」へ

髪色

日本女性の魅力、黒髪。ここ最近は明るいブラウンヘアよりも、黒髪の方がトレンド傾向になっていますよね。しかし、真っ黒な髪というのはそれだけ重たい印象を持ちます。ショート〜ミディアム程度の髪の長さならそこまで暗い印象にはなりませんが、真っ黒な長い髪はファッションやメイク次第で一転して “恐い印象” を与えてしまう可能性があります。

そこでオススメなのが、適度な透け感のある「暗髪」。暗髪は、真っ黒な色よりもワントーン明るい灰みがかったアッシュカラーのことです。黒だと重たいけど、茶色は好きじゃない…という方はアッシュカラーで品の良さを表現してみては?

小物に光りモノを足す

光りもの

シンプルコーデに欠かせないアイテムと言えば、アクセサリー。服がシンプルなだけに、つまらない印象になったとしてもアクセサリーを1つ、2つ取入れるだけで、全体コーデの完成度がかなり高まっていきます。

シンプルなファッションに、あえてゴージャスな小物を組み合わせるオシャレなスタイルもありますが、シンプル派は繊細でキラキラと光るアクセサリーを意識して取り入れましょう。ジルコニア系のネックレスや発色効果の高いチェーンネックレスを組み合わせるのが高見えコーデのコツ!

光りと明るさをプラスするだけでモテ度UP!

オシャレな人のシンプルコーデは、全体的に地味な色で統一させず、適度な箇所に明るい色を取入れたり、キラキラと光るアクセサリーや、メイクをポイントにおいて美しさを表現しています。ぜひ、これらのポイントを意識して地味コーデから上品コーデに変化させてみてくださいね!

この記事を書いた人

角 侑子
記事数:221 Posts

高校卒業後、某夢の国でテーマパークお姉さんを経験後にアパレル業界へ転身。ちょっとエッジが聞いたモードスタイリングを得意とするスタイリストに。現在はパーソナルスタイリスト兼WEBライターとしてファッションについての情報を配信しています。