好きなこと、話そ!

田代 わこ

EXILE HIRO「これは第一歩!」あの人気カンパニーと世界を目指す!

2017.6.22
東京ドームシティGallery AaMoで、クリエイティブカンパニー「ネイキッド」が企画演出する体験型のアートイベント『トーキョーアートシティ バイ ネイキッド』がスタートしました。そのオープニングセレモニーに潜入! EXILE HIROさんとネイキッド代表・村松亮太郎さんの記念対談&内覧会の様子をレポートします。

東京ドームシティGallery AaMoで、クリエイティブカンパニー「ネイキッド」が企画演出する体験型のアートイベント『トーキョーアートシティ バイ ネイキッド』がスタートしました。そのオープニングセレモニーに潜入! EXILE HIROさんとネイキッド代表・村松亮太郎さんの記念対談&内覧会の様子をレポートします。

『トーキョーアートシティ バイ ネイキッド』スタート!

【女子的アートナビ】vol. 72

『TOKYO ART CITY by NAKED』は、“TOKYO” をテーマに、都市の持つ魅力を最新テクノロジーによる光と映像の演出で表現する体験型アートイベント。約100台のプロジェクターにLEDライトや音楽、さらにSAMURIZE(サムライズ)のパフォーマンスも加わり、アートとエンタテインメントが融合したワクワクの楽しい空間を体感できます。

IMG_1999 (1280x883)

SAMURIZE from EXILE TRIBEは、EXILEのHIROさんがプロデュースする実力派ダンサーによるパフォーマンスチーム。今回のイベントでは、“トーキョーアートシティの光る住民” として毎日展示会場に出没します(上の写真は、オープニングセレモニーに登場したSAMURIZE)。

ネイキッド村松さん登場

IMG_2016 (1280x854)

オープニングセレモニーでは、まずネイキッド代表・村松亮太郎さんが登場。本イベントについて、語りました。

村松さん このイベントのコンセプトは、意外とまじめなんです。都市ってそもそもアートだよね、という発想があって、例えば「ニューヨークっぽいのがかっこいい」というのは、ニューヨークっぽさそのものがアート。その場所での過去から現在までを含め、時空を超えて、ひとりひとりの営みやファッションも含めてすべてがカオティックにアートなんです。それで、「都市とはアートである」というテーマを可視化しました。

「東京とはなんだろう。アートとはなんだろう」と考え、「アート、エンタテインメント、テクノロジーのすべてが混ざり合った“ 現代のアート” をテーマにして取り組んでいる」という村松さん。TOKYOそのものを作品にしてしまったスケールの大きな世界観に、心をつかまれました。

HIROさんも登場!

IMG_2084 (1280x854)

続いて、EXILE HIROさんも登場。ネイキッドとの初コラボについて、コメントされました。

HIROさん 僕らの目指すエンタメと村松さんの知識が共鳴し合って、建設的にいろいろなアイデアが浮かびました。いい出会いでした。これがスタートラインで第一歩。これから、どんどんおもしろいことに取り組んでいけたらと思っています。

IMG_2159 (1280x902)

村松さんは、「HIROさんは垣根がなくて、見ているところがとても広く、幅がある方」といい、HIROさんは「村松さんは博士みたいになんでも知っている人」と絶賛。お二人とも「世界に通用するエンタテインメントを作っていきたい」と熱く語っていました。

キラキラの展示空間へ!

IMG_0608 (1280x959)

それでは、展示会場の一部をご紹介します。まず入り口では、新宿の高層ビル群がお出迎え。高さが4メートルを超える新宿都庁の巨大模型が、さまざまな光の演出によりキラキラに輝きます。

IMG_0606 (1280x959)

こちらは、高さ4メートル、幅が9メートル以上もある東京駅の模型。東京駅といえば、2012年にネイキッドのプロジェクションマッピングがリアルに上映された場所ですよね。今回のイベントでは、当時上映された演出『TOKYO HIKARI VISION』をバージョンアップして再現。巨大模型への投影でも、プロジェクションマッピングの美しさは変わりません! むしろ全体を見渡せるので、光の演出を隅々まで楽しめました。

IMG_0610 (1280x959)

「見る」だけでなく「体験」できるのがこのイベントの楽しいところ。例えば、「渋谷裏デジタル落書き」のコーナーでは、街の壁に自分の指を使って文字や絵を描くことができます。

IMG_0607 (1280x959) (1024x767)

また、「東京俯瞰図」では、東京を表したシート上にあるアイコンに触れると、東京の人口や現在の天気などの情報が出現! 知的好奇心も刺激されます。

ほかにも、東京タワー展望台の模型に上って美しい夜景を楽しめたり、再現された渋谷のスクランブル交差点を歩けたり、秋葉原のビルで「ガチャガチャ」が買えたりと、さまざまなコンテンツを体験できます。※ガチャガチャの体験は別途税込み500円が必要です。

デートで行っても、友だちと出かけても、盛り上がること間違いなし! もちろん、おひとりさまでじっくり楽しむのもOK。写真撮影も自由なので、インスタ映えする “究極の一枚” を撮りに行くのもいいと思います!

さらに7月22日からはスペシャルコンテンツもスタートするなど、このイベントは進化していく予定。一度といわず、ぜひ何度でも遊びに行ってみてくださいね!

Information

『TOKYO ART CITY by NAKED』

会期:~ 9月3日(日)※会期中無休
時間:11:00~18:00(6/16~7/21)、10:00~20:00(7/22~9/3)※最終入場は閉館30分前
会場:東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリー アーモ)
料金:一般 1,600円/中・高・大学生 1,400円/小学生 900円

公式サイト

この記事を書いた人

田代 わこ
記事数:156 Posts

出版社勤務を経て、フリーランスのライター・エディターに。主にエンタメ系コンテンツ記事を執筆。趣味は美術鑑賞と絵を描くこと。ananwebでは「カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク」も連載中です!