好きなこと、話そ!

角 侑子

【いざという時に!】謝罪の気持ちを込める、最適な手みやげベスト3!|デキるOLマナー&コーデ術 ♯33

2017.5.16
仕事において失敗やトラブルはないに越したことはありませんが、何年かに一度くらいは大きなトラブルに見舞われることもあるはず。そんなとき、アナタは謝罪にふさわしい手みやげを持って、誠意のある謝罪をしに行くことはできますか? 今回は、今こそ覚えておきたい正しい謝罪のマナーと人気の手みやげ品3品をご紹介いたします。

仕事において失敗やトラブルはないに越したことはありませんが、何年かに一度くらいは大きなトラブルに見舞われることもあるはず。そんなとき、アナタは謝罪にふさわしい手みやげを持って、誠意のある謝罪をしに行くことはできますか? 今回は、今こそ覚えておきたい正しい謝罪のマナーと人気の手みやげ品3品をご紹介いたします。

謝罪時の手みやげマナーについて

【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 33

謝罪時の訪問に欠かせない手みやげですが、その価格帯はいかほどが最適なのか。あまり安過ぎては迷惑をかけた相手に対して失礼ですが、反対に高いものを贈っても菓子ひとつでトラブルを済ませようという魂胆なのか…と思われてしまう要因に。

最適な相場価格は3000円~1万円程度が一般的で、相手への非礼を重く受け止めているという気持ちから手みやげはズッシリとした重さのあるものを選ぶのが習わしです。

気をつけたいポイントは、渡すタイミング。通常の訪問では挨拶を済ませた後に手みやげを渡すのが一般的ですが、謝罪時はまず謝罪の意を伝えることが先決です。相手の方がコチラ側の謝罪を受け入れて初めて、手みやげを渡すのがマナーとなっています。熨斗は「お詫び」や「深謝」をつけると良いでしょう。

新正堂の「切腹最中」

IMG_0027

お詫びの手みやげとしてサラリーマンに人気の高い新正堂の「切腹最中」(20個入り 税込 4,500円)。斬新なネーミングと名前に見劣りしないボリューミィなあんこがこぼれんばかりに詰まった最中は、つい貰った相手も笑って許してくれるに違いない一品。

なんでも、新正堂のお店はあの忠臣蔵の原因となった浅野内匠頭が切腹した場所である田村右京太夫邸の跡地! そういった歴史もさることながら、“切腹覚悟でお詫びの気持ちを申し上げます” という意が込められた最中は名前のユニークさに負けず劣らずなおいしさです。

十火JUKKAの「詰め合わせ」

800017

お詫びの品として挙げられるものは甘いものが多いのですが、贈る相手によっては甘いものが苦手な方も多いです。訪問先の会社が男性職員が多い場合などは甘いものよりもしょっぱいお菓子、米菓の方が喜ばれます。

おすすめは十火JUKKAの「詰め合わせ」ギフトSセット-D(税込 3,186円)。米菓とは思えないほどのスタイリッシュさで贈る相手のセンスの良さを感じる一品。片手でポンとつまめる手軽さと、味の豊富さで職場内で楽しんでいただけること間違いなし!

銀座千疋屋の「まるごとみかんぜりぃ」

スクリーンショット 2017-05-09 17.44.44

お詫びの品は、“失敗を重く受け止める” という意を表すためにお詫びの品も重さを感じるものを用意するのがマナーとされています。代表的なお詫びの品として挙げられる羊羹も良いですが、女性社員が多い職場や春夏の時期であればゼリーの詰め合わせもおすすめです。

品格を持ちつつも、老若男女に受け入れられやすく、なおかつおいしそうな見た目! それが、銀座千疋屋の「まるごとみかんぜりぃ」(6個入り 税込 3,888円)。じゅわっと溢れる果汁に受け取った方も思わず笑みを浮かべてしまうのではないでしょうか。個別包装ですぐ食べられて、日持ちがするのもお詫びの品としてポイントが高いですよね。お詫びの品だけでなく、普段の手みやげやお中元などにも最適です。

手みやげにまで気を抜かない心意気を

謝罪はスピードが肝心! しかし、ことを急いては良い品選びもできません。迅速な対応もさることながら、基本のマナーと丁寧さを忘れては謝罪の意味はありません。だからこそ、日頃から手みやげ選びのリサーチもしておきましょう。いざというときに、ささっと品のあるお詫びの品を選べるようにぜひ参考にしてみてくださいね。

Information

今回ご紹介した商品は以下のサイトでご購入できます。

新正堂 切腹最中
新正堂オンラインショップ

十火 詰め合わせギフトSセット-D
とよす株式会社オンラインショップ

銀座千疋屋 まるごとみかんぜりぃ
銀座千疋屋 オンラインショップ

この記事を書いた人

角 侑子
記事数:159 Posts

高校卒業後、某夢の国でテーマパークお姉さんを経験後にアパレル業界へ転身。ちょっとエッジが聞いたモードスタイリングを得意とするスタイリストに。現在はパーソナルスタイリスト兼WEBライターとしてファッションについての情報を配信しています。