好きなこと、話そ!

角 侑子

【2位はセミナー♡】発表! イイ男の生息地ランキングTOP3|リアルな夫婦生活 ♯33

2017.5.18
良い男の定義は人それぞれ。しかし、万人に受ける良い男とは、仕事ができて、コミュニケーション力が高くて、身のこなしがスマート。誰でもキュンとしてしまうそんな魅力を持ち合わせている人ではないでしょうか。そして、そんな男性に出逢うにはどこに行けば良いのか。 探しても見つからない、出逢えない!けれど、出逢いたい! 今回は、誰もが見ても良い男♡ な人に出逢える確率の高い場所をご紹介します。

良い男の定義は人それぞれ。しかし、万人に受ける良い男とは、仕事ができて、コミュニケーション力が高くて、身のこなしがスマート。誰でもキュンとしてしまうそんな魅力を持ち合わせている人ではないでしょうか。そして、そんな男性に出逢うにはどこに行けば良いのか。 探しても見つからない、出逢えない!けれど、出逢いたい! 今回は、誰もが見ても良い男♡ な人に出逢える確率の高い場所をご紹介します。

良い男は婚活市場に、現れない

【リアルな夫婦生活】vol. 33

良い男は恋愛のための出逢いの場にはまず現れません。そういうところで出逢うこと自体が、自分の努力で恋人をつかめないという良い男なりのプライドがそうさせるみたいです。自然に出逢った場所で思いがけず、仲良くなった人との出逢いを大切にしたいという考えの果てに素敵な恋人を見つける傾向があります。

そのため、最初の出逢いから恋愛モードを出すのは彼らに対しては御法度。たぎる気持ちを抑えて、男女関係なく気の合う人を探す気軽な気持ちで出逢いの場に臨みましょう。では、さっそくそんな良い男達の生息地をご紹介していきます。

3位 会員制BAR

知る人ぞ知る場所は、公の場でありながら閉鎖的なコミュニティ空間。この人はちゃんとしているという信頼関係のある人間からの紹介でしか入れない場所は、自ずと集まるメンバーも質が高いことでしょう。

とはいえ、会員制BARの存在を知っている人もまた限られていることから、そこに行こうにもなかなか行けない場所ですよね。実は会員制とうたっているバーのなかにも紹介しか受け入れない場所と、会員募集しているお店があります。お近くの会員制バーとうたわれているお店をいくつか探して、会員募集をされていたら思い切って入会してみるのもひとつの策ですよ。

2位 セミナー・勉強会

社外のセミナーや勉強会に率先して顔を出す男性は、仕事に対して熱心なタイプ。休日や仕事終わりの貴重な自分の時間を割いてまで、仕事に必要な学びを得ようとする男性なので、少なからず野心を持っている人です。

全員がそうとは限りませんが、後々に経営者や役職のつくポジションに就くことも可能性として高いため、質の良い男性と知り合うには少々、お堅い場所のほうが最適です。ただし、あくまでも学びの場なので、内容にいまいち興味が持てなくても積極的に学ぶ姿勢で取り組みましょう。

1位 ノマドスペース

いわゆるコワーキングスペースという場所で、オフィスを持たずに仕事をしている人たちが主に集まる時間貸出制の事務所です。一時間500円程度から借りられて、フリードリンクや電源、Wi-Fiも完備されているのでPCを持って作業するクリエイター系のお仕事をされている方が日夜集まっています。

もちろん、フリーランスの人だけでなく、持ち帰りの仕事をするOLさんや、資格のための勉強スペースとしても利用されている方も多く意外にもオープンな出入り環境。とはいえ、目的は仕事や勉強なので、そこに行ったからといってすぐ良い出逢いが期待できるようなことはありません。

しかし、定期的に同じ場所に通うことで、利用者同士のコミュニケーションが取れるようになるうえにそういった交流会イベントもあるので今まで一度も足を運んだことのない方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

質の良い場所を探そう

質の良い人とは、質の良い場所を好む傾向があります。飲みながら愚痴を楽しむだけの大衆居酒屋よりも、お酒を片手に前向きな話ができる良質な空間や、自分自身の学びとなる場には、それに見合う質の良い男性が集まるということ。

そのぶん、出逢う環境を用意されているワケではないので、アプローチする女性側に積極性や相手と同等の質の良さを求められることもあります。ですが、それでも良い男に出逢う環境づくりを行うことで自然と自分の魅力もクラスアップすること間違いなし♡


【結婚につなげたい恋愛ノウハウ♪】
結婚まで至らないのはアレのせい。婚活女子が大切にするべきコト リアルな夫婦生活 ♯1
交際歴3年以上は……。長続きカップルは結婚につながらない? リアルな夫婦生活 ♯2
【代謝コントロール】総研ダイエット部始動! PR
【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE


(C) martin-dm/Gettyimages
(C) santypan/Gettyimages
(C) g-stockstudio/Gettyimages
(C) littlehenrabi/Gettyimages
(C) g-stockstudio/Gettyimages

この記事を書いた人

角 侑子
記事数:242 Posts

高校卒業後、某夢の国でテーマパークお姉さんを経験後にアパレル業界へ転身。ちょっとエッジが聞いたモードスタイリングを得意とするスタイリストに。現在はパーソナルスタイリスト兼WEBライターとしてファッションについての情報を配信しています。