好きなこと、話そ!

志村 昌美

話題作『美女と野獣』にみる運命の出会いを引き寄せる女子の特徴3つ!

2017.4.26
女子なら誰もが憧れるものといえば、王子さまとの運命の出会い。とはいえ、あなたにとって大切なのは外見? それとも内面? そんな問いに答えをくれる珠玉のおとぎ話を描いたイチオシの映画をご紹介します。それは……。

女子なら誰もが憧れるものといえば、王子さまとの運命の出会い。とはいえ、あなたにとって大切なのは外見? それとも内面? そんな問いに答えをくれる珠玉のおとぎ話を描いたイチオシの映画をご紹介します。それは……。

不朽の名作を完全実写化『美女と野獣』!

【映画、ときどき私】 vol. 88

ある城に、美しい王子が暮らしていたが、傲慢であるがゆえに魔女の呪いによって、醜い野獣の姿に変えられてしまうのだった。その呪いを解いて元の姿に戻るには、魔法のバラの花びらがすべて落ちる前に、誰かを心から愛し、そして愛されなければならないという。時間だけが過ぎ、野獣と城の住人たちは希望を失いかけていた。

しかし、そこに美しい娘ベルが現れる!

村人たちとなじめずに孤独を感じていたベルと、人とは違う外見に心を閉ざしていた野獣。はたして、正反対のふたりの出会いに奇跡は起こるのか……?

キャストも映像も完璧すぎて引き込まれっぱなし!

『美女と野獣』とは、もともとは18世紀のフランスで誕生した物語であり、文学としてだけでなく、ディズニー・アニメーションやミュージカルなどで長年愛され続けている傑作。それだけに、ファンのなかには今回の実写化には期待と不安があったかもしれないですが、予想をはるかに上回る仕上がりには、ストーリーを知っていても新たな感動が沸き起こるはず。

そして、いまなお多くの共感を得ている一番の理由は、作品のテーマがいつの時代にも通じるものだからこそ。しかも、子どもの頃には気がつかなかったことも、大人になってから観ると、さまざまな教訓に改めて気づかされるものなのです。そこで、女子の見本ともいうべき主人公のベルに学ぶ「運命の出会いを引き寄せる女子の特徴3つ」をご紹介したいと思います。

その1:内面を見極める心の目を養う!

言うまでもなく、この作品の一番のテーマといえば、「本当の美しさは内面から生まれるものである」ということ。ついついイケメンに流されやすい私にとっても耳が痛いところですが、外見にとらわれることなく、相手の本質を見抜く力は必要不可欠。

そのためには、まず自分自身も見た目のキレイさだけにこだわるのではなく、どうすれば人間性を磨くことができるのか、野獣と一緒に考えてみるのもオススメです。

その2:独立心があって他人に流されない!

村人たちから「変わっている」と言われ、寂しい思いをしているにも関わらず、周りに合わせることなく、自分を貫いているのがベルの魅力。人にばかり合わせていると自分を見失ってしまうこともありますが、ありのままの自分でいることで、それを受け入れてくれる人が自然と寄ってくるはずです。

その3:自ら行動を起こす強さがある!

ベルのように自分に降りかかる危険をものともせず、大切な人のために戦える強さこそ、運命を切り開く原動力。“運命の人”というからには、「何もしなくても出会うものじゃないの?」と思いがちですが、ただ待っているだけでは、大事なものを見逃してしまう可能性も……。自分を信じて突き進んだベルを見習って、最高の出会いを自らの手でつかみましょう!

以上、『美女と野獣』に学ぶ「運命の出会いを引き寄せる女子の特徴3つ」でした。

華やかな気持ちで心が満たされる!

映像と音楽が奏でる美しさはもちろん、何よりもベルと野獣が織りなす愛の美しさに思わず涙が溢れてしまう感動作。「運命の出会がない」と嘆いているなら、自分に足りないものが何かを探してみては? そうすれば、次は大切な人と劇場を訪れているかも!?

ワクワクが止まらない予告編はこちら!

作品情報

『美女と野獣』
4月21日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html

この記事を書いた人

志村 昌美
記事数:129 Posts

映画宣伝マンを経てライターに転向し、海外ニュースや映画紹介、インタビューなどを中心に執筆。この連載では、新作映画を紹介しつつ、自身の体験談と主観満載でお届けします。 また、イタリアとイギリスへの留学経験から、現在は日・英・伊・仏のマルチリンガル目指して猛勉強中! 日々試写で観る新作の感想など、随時つぶやいてます♪ https://twitter.com/masamino_19