好きなこと、話そ!

料理家 SHINO

【お泊りデートの手作り晩ゴハン♡】彼氏絶賛!『バターチキンカレー』

2017.4.10
連載第53回目は、前回に引き続き新玉ネギを使ったレシピです。炒めると甘みが増しておいしくなる玉ネギ! その甘みとスパイスたっぷりな香りがたまらないインドカレーの定番 ”バターチキンカレー” をご紹介します♪ 数種のスパイスを合わせて自宅で本格インドカレーができちゃう! カレー大好き男子にふるまってみてはいかがでしょうか♡

連載第53回目は、前回に引き続き新玉ネギを使ったレシピです。炒めると甘みが増しておいしくなる玉ネギ! その甘みとスパイスたっぷりな香りがたまらないインドカレーの定番 ”バターチキンカレー” をご紹介します♪ 数種のスパイスを合わせて自宅で本格インドカレーができちゃう! カレー大好き男子にふるまってみてはいかがでしょうか♡

『バターチキンカレー』

butter01_gobouchacom

【旬を味わう♡ 美人レシピ♪】vol. 53

旬食材は、新玉ネギ!

ravigote02_gobouchacom

前回に引き続き、旬食材は新タマネギ!新タマネギの旬は3月~4月です。新タマネギは通常のタマネギと比べて、みずみずしく、辛みが少ないのが特徴的です。水にさらさなくても辛みがないので美味しく食べられますね。

ちなみに玉ねぎと新タマネギの栄養価にはさほど違いはありません。どちらにもビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、硫化アリルなどが含まれています。
ビタミンB1には、疲労回復や新陳代謝をよくするといった働きがあり、疲労回復やストレスを抑える効果があります。また、硫化アリルは、タマネギの辛味の成分でもあり、タマネギを切るときに目が痛くなるのも硫化アリルの成分からなのです。この硫化アリルが血液をサラサラにしてくれたり、免疫力をアップさせたりと健康増進に効果的な栄養素なのです!

甘くて生でもおいしい、新タマネギ♪ 新陳代謝アップや血液サラサラ効果もあるので毎日摂りいれたい食材ですね。甘くてさらにおいしい旬のこの時期にぜひ摂り入れてみてはいかがでしょうか!

材料はこちら!

butter02_gobouchacom

【材料(二人分)】

・鶏もも肉 :200g
・ヨーグルト :大さじ1と1/2
・バター :25g
・ニンニク :1/2片
・ショウガ :1/2片

(ホールスパイスA)
・カルダモン :3粒
・クローブ :3粒
・シナモンスティック :1/2本
・ローリエ :1枚

・玉ネギ :大1/4個(50g)
・ホールトマト缶 :1/2缶
・サラダ油 :大さじ1/2
・青唐辛子 :1本
・水  :100㏄
・塩 : 小さじ1/2~
・きび砂糖 :大さじ1/2

(パウダースパイスB)
・ガラムマサラ :小さじ1/2
・パプリカパウダー :小さじ1/2
・ターメリック :小さじ1/4
・カイエンヌペッパー :小さじ1/8 ※お好みで調整してください!
・カスリメティ :大さじ1/2 ※あれば、ぜひ!入れてください!
・生クリーム :50ml

(付け合わせ)
・香菜 : 適量

まず、下準備を始めます。~その1:鶏もも肉は皮と脂肪を取り除き、ひと口大に切りわけます。

ravigote04_gobouchacom

●鶏もも肉は皮と余分な脂肪を取り除き、ひと口大程度の大きさに切りわける。

まず、下準備を始めます。~その2:鶏肉をヨーグルトに漬け込みます。

butter03_gobouchacom

●切りわけた鶏肉はボウルに移し、ヨーグルトを加えてあえる。
●ボウルにラップをかけ、冷蔵庫に入れ、そのまま漬け込む。(30分~)

鶏肉はヨーグルトに漬け込むことで柔らかく仕上がります!

まず、下準備を始めます。~その3:タマネギをみじん切りにします。

butter04_gobouchacom

●タマネギは皮と芯を除き、みじん切りにする。

まず、下準備を始めます。~その4:ニンニクとショウガをみじん切りにします。

butter05_gobouchacom

●ニンニクは皮と芯を取り除き、みじん切りにする。
●ショウガは皮つきのままよく洗い、そのままみじん切りにする。

まず、下準備を始めます。~その5:青唐辛子をみじん切りにします。

butter07_gobouchacom

●青唐辛子はへたを除き、みじん切りにする。

では、作ります!まずは鍋にバターを加え、熱します。

butter08_gobouchacom

●熱する前の鍋にバターを入れ、火にかけます。

バターが溶けだしたら、ホールスパイスを加えます。

butter10_gobouchacom

●バターが半分溶けたら、ホールスパイスAを加え、焦がさないように気をつけながら中火で炒めます。

ニンニク、ショウガも加えます。

butter12_gobouchacom

●カルダモンがぷくっと膨らんできたら、ニンニク、ショウガを加えます。
●引き続き香りを引き出しながら、中火で炒めます。

玉ネギを加え、炒めます。

butter11_gobouchacom

●タメネギも加え、中火でしんなりするまで5分程度炒めます。

焦がさないように気を付けましょう!

ホールトマトを加えます。

butter09_gobouchacom

●タマネギがしんなりしてきたら、ホールトマトを手でつぶしながら加えます。

蓋をして15分煮ます。

butter13_gobouchacom

●ひと煮立ちしたら、蓋をして弱火で15分程煮ます。

じっくり煮込んだら、スパイスを取り除きます。

butter14_gobouchacom

●15分煮込んだら、スパイスだけ取り除きます。

トマトのベースをブレンダーまたはミキサーで撹拌します。

butter15_gobouchacom

●スパイスを取り除いたら、ブレンダーまたはミキサーで撹拌し、なめらかなソースに仕上げます。

別の鍋に油を熱します。

●別の鍋に油をしき、熱します。

青唐辛子を加え炒めます。

butter16_gobouchacom

青唐辛子を加えて中火で炒めます。

そこにトマトのベースと水を加えます。

butter17_gobouchacom

●滑らかに仕上げたトマトのベースと水を加え、ひと煮立ちさせます。

鶏肉を加えます。

butter18_gobouchacom

●ヨーグルトに漬け込んだ鶏肉をマリネ液ごと加えます。

塩、砂糖、スパイス類を加えます。

butter06_gobouchacom

●塩、砂糖、パウダースパイス類も加えます。

弱火で10分煮ます。

butter19_gobouchacom

●蓋をして弱火で10分煮ます。

煮込んだら、生クリームを加えます。

butter20_gobouchacom

●煮込んだら、生クリームを加え、混ぜます。

仕上げにカスリメティを加えます。

butter21_gobouchacom

●カスリメティを揉みながら加え、中火でさっと煮て仕上げます。

ここで味見をして、適宜、塩を加えて調整してください。

器に盛り、香菜を添えます。

butter22_gobouchacom

●器に盛り付け、香菜を添えます。

おいしさのアレンジポイント♪

butter23_gobouchacom

辛さはカイエンヌペッパーの量で調整してください。

鶏もも肉の代わりに骨付き手羽元等を入れてもおいしいですよ。

Information

料理教室『ごぼう茶.com』♪
http://goboucha.com/

この記事を書いた人

料理家 SHINO
記事数:62 Posts

大学卒業後、航空会社勤務を経て、本格的に食の世界へ。自宅にて料理教室「ごぼう茶.com」を主宰。フードコーディネーターとして、大手企業のメニュー開発やフードスタイリングなど食に関するあらゆる分野にて活動中。この連載では、旬の食材を使った美人レシピをご紹介します♡