恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

3月にすべきこと Keikoが読み解く開運ポイント

文・Keiko — 2017.2.28
月星座をベースにした独自の占星術で、財政界や芸能界など幅広く支持されているKeikoさんが登場! 「Keiko的ルナロジー」に連動した毎月連載です。

【Keikoが読み解く2017年3月の開運ポイント】

3月はどんなことをすればいい?

こんにちは、Keikoです。

3月は例年、新旧のエネルギーが入り混じる忙しい月なのですが、今年はとくに、エネルギーシフトが激しそう。というのもこの3月、木星、天王星、冥王星という影響力のある3惑星が、Tスクエアをいう緊張角を作るから。

まずは前半、大きな「精算」があるかもしれません。
長年続いた仕事や人間関係が、ここで終わりを告げるかも……。
とはいえ、悲しむ必要はナシ。仕事であれ人であれ、このタイミングで離れていくものは、あなたにとってもはや不要なのです。
過去に郷愁にひたることなく、未来に目を向けましょう。
この時期の終焉は、さらによいものを引き寄せるためのスペース作りと考えて。

3月12日は、乙女座の満月。
生活習慣の立て直しがテーマですね。まずは、自分にとってベストのリズムを把握すること。
仕事においては完璧を目指すとストレスになるので、8割程度できればよしとして。
体の不調や痛みは放置しないこと。
この時期、身体をないがしろにすると長引くので要注意です。

3月20日は、宇宙レベルの「元旦」。
この日の天空図を見ると、運気の入口であるアセンダントが天秤座なので、「対人関係」が2017年のメインテーマになることは明らか。
あらゆるチャンスは「人」を通してやってくることを忘れずに、ひとつひとつの人間関係を大切にしていきましょう。一期一会の精神で。

3月28日は、牡羊座の新月。
新企画や新しい仕事をスタートさせるのに最高のタイミングですね。
結果を出したいことはぜひ、この日からスタートを。
入念な準備や熟考は不要。思いつきで始めるくらいでOKです。
いちばん大切なのは、直感と勢い。この2つがあれば、たいていのことはうまくいくはず。協力やサポートを仰ぐなら異性の友人に声をかけて。

3月は、2017年の流れを作る勝負月。
すべてにオープンに、フットワークよくいきましょう。

ではここからは、月星座別に解説を。


月星座が牡羊座のあなた
気分的にはちょっぴりメランコリックかも。価値観の変化はあなたが成長した証拠。。

月星座が牡牛座のあなた
新しい趣味を始めてみては? 交友関係が変わって世界が広がる暗示。

月星座が双子座のあなた
ポジションアップ、収入アップが見込めそう。目上の人との交流は積極的に。

月星座が蟹座のあなた
大学院や社会人セミナーにご縁あり。外国語、専門的な勉強を始める好機。

月星座が獅子座のあなた
リセットと再生の月。これまでうまくいかなかったことは、潔く手放して。

月星座が乙女座のあなた
友人から恋人へ、恋人から夫婦へ。将来の見えない関係は清算も。

月星座が天秤座のあなた
生活習慣を改めるチャンス。短期集中ダイエットは予想以上の効果が。

月星座が蠍座のあなた
ズルズル引きずっていた想いに決着がつきそう。新しい出会いは間近!

月星座が射手座のあなた
実家や両親との関係がクローズアップ。生活環境を変えたいなら引越しを。

月星座が山羊座のあなた
「言わなくてもわかる」は通用せず。丁寧なコミュニケーションを心がけて。

月星座が水瓶座のあなた
ワーキングスタイルに変化アリ。フリーランスで複数の仕事を持つ道も。

月星座が魚座のあなた
人生が180度変わってしまうような、大転換期。来る者拒まず、去る者追わずの精神で。

*ご自分の月星座がわからない方は、Keikoの無料ホロスコープ作成サイトでチェック!

このコラムは、「Keiko的ルナロジー presented by anan」と連動しています。

「Keiko的ルナロジー」は、 月と惑星に関する情報を音声ファイルやムービーで
お届けするもの。開運アドバイスがほしい方、占星術を学びたい方にはピッタリ!
2017年3月の運勢を月星座別に詳しく解説しているので、「Keiko的ルナロジー presented by anan」もぜひチェックしてみてくださいね。


《月星座別2017年3月の運勢》

月星座が、牡羊座の人
月星座が、牡牛座の人
月星座が 双子座の人
月星座が、蟹座の人 
月星座が、獅子座の人
月星座が、乙女座の人
月星座が、天秤座の人
月星座が、蠍座の人 
月星座が、射手座の人
月星座が、山羊座の人
月星座が、水瓶座の人
月星座が、魚座の人 

すべての情報をまとめてお楽しみになりたい方は、
『月刊:Keiko月星座完全パック ~Keiko的ルナロジー~』を ぜひご購読ください!

写真(C) LawrenceKarn