恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

a LiFE with NATURAL Calbee私にうれしいポテトチップスが誕生しました。

(PR)カルビー — 2017.9.26〔PR〕
「ナチュラルカルビー」は1袋あたり200kcal以下で、食べきった時に残るのは満足感のみ。ポテトチップス大好きなanan総研が、開発者のカルビー研究員吉田正也さんに、このカロリーと味の秘密を聞きました!

「ナチュラルカルビー」は、夢中で食べきってしまうおいしさと程よいサイズで1袋あたり200kcal以下。
夜のおやつにもピッタリのポテトチップスです。

 




1袋食べても罪悪感なし。
心とお腹が満たされる。

1袋食べても罪悪感なし。心とお腹が満たされる。
ポテトチップスは、やっぱりおいしい。でも、女性が気になってしまうのはカロリーのこと。食べている間は満たされた気持ちでいっぱいになるけれど、そのあとにやってくるあの罪悪感…。そんなジレンマから解放してくれるのが、カルビーの新しいポテトチップス「ナチュラルカルビー」。おいしさはそのままに、1袋あたり200kcal以下で、食べきった時に残るのは満足感のみ。心にもカラダにも元気をくれる。食べたらきっと、好きになるはず。


ナチュラルカルビーがある
ほっとする時間。

ナチュラルカルビーがあるほっとする時間。
カーディガン¥38,000(シアタープロダクツ/シアタープロダクツ表参道本店☎03・6438・1757) リング(ブルーカルセドニー)¥80,000(ボロロ/キューレット 伊勢丹新宿店☎03・6380・6195) リング(ゴールド)¥18,000(チーゴ/ミックステープ☎03・5721・6313) キャミソールは私物
一人、家で過ごす夜。それは誰に気兼ねする必要もなく、自分の好きなことをゆったりとできるご褒美タイム。コーヒーを淹れて読書に耽るのもいいし、気になっていた映画を観るのもいいかも。そんな時のお供にしたいのが、ナチュラルカルビー。ちょっと何かを食べたいけれど、夜だからできるだけカロリーは抑えたい、という女性の気持ちに寄り添うギルトフリーのポテトチップスです。
味はチェダーチーズとシーソルト、フレンチサラダ、ベイクドオニオンの4種類。合わせるシチュエーションやその時の気分によって選べる楽しさがあり、一人時間をもっと豊かにしてくれる。
今夜はナチュラルカルビーと一緒に、何をして過ごそう?


scene 1

夜のリラックスタイムは、映画を観ながらバリバリ。

夜のリラックスタイムは、映画を観ながらバリバリ。
カウチポテトという言葉があるほど、映画とポテトチップスは相性のいい組み合わせ。とくに、ゆったり時間のある夜に、ナチュラルカルビーを食べながら映画観賞なんて最高の贅沢。1袋あたり200kcalを切るから、夜ポテトチップスを食べているという背徳感がないし、何よりおいしくて、視線は画面にクギづけになったまま、ナチュラルカルビーをとる手が止まらない。一人なら食べる音も気にせず、ハードタイプのシーソルトを思う存分バリッと。


scene 2

家に帰ってひと仕事。そんな時の息抜きに。

楽しい時はもちろん、ナチュラルカルビーは、あともう少しがんばりたい時にも一緒にいたくなるポテトチップス。例えば会社で仕事が終わらず、家に持ち帰って作業を続ける夜。合間に何かつまみたい、という時にピッタリ。とくにフレンチサラダとチェダーチーズは、油分が25%カット(※)されているから、指のベタつきがあまり気にならず、パソコンなど作業中でも気軽に食べることができる。これで残りの仕事もすっきりと片づけられそう!

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)「ポテトチップス」比較

家に帰ってひと仕事。そんな時の息抜きに。

シャツ¥16,000(プレット/スタイルデパートメント☎03・5784・5430) メガネ¥42,000(カーンズ/オリバーピープルズ東京ギャラリー☎03・5766・7426)


scene 3

夕食後はワインと一緒にナチュラルカルビーを。

夕食後はワインと一緒にナチュラルカルビーを。
ちょっと飲みたい気分がそそられる心地いい夜。夕食を済ませたら、部屋の明かりを落としてキャンドルをセット。テーブルにナチュラルカルビーとワインを用意して、寛ぎの時間を楽しみましょう。実はナチュラルカルビーのベイクドオニオンは、赤ワインと相性ばっちり。1袋あたり200kcal以下なのに味がしっかりついているから、赤ワインの深みとも絶妙に引き立て合う。また、夕食後とはいえ小ぶりなサイズなので、軽く食べきれて満足感もたっぷり。






anan総研が開発者を直撃!

1袋あたり200kcal以下なのに、
どうしてこんなにおいしいの?

「ポテトチップスが似合う映画」座談会で、ナチュラルカルビーのおいしさに感激した総研メンバー3人。そのヒミツを探るべく、開発者ご本人に迫りました!

anan総研が開発者を直撃!

御堂もにかさん
anan総研 No.151
(23歳・ブライダルスタイリスト)

大人になってポテトチップスのおいしさに目覚め、暴食した時期も。今は程よくお付き合い。

永瀬今日子さん
anan総研 No.004
(29歳・主婦)

カロリーが気になるため、ポテトチップスはパーティなど特別な時のものとして食べる派。

矢口裕美さん
anan総研 No.258
(31歳・看護師)

ポテトチップスが大好き。とくにカルビーはブラインドで商品名が当てられるほど!?

吉田正也さん
(カルビー研究員)

チェダーチーズとフレンチサラダの生みの親。過去には大ヒット商品、しあわせバターも担当。


 

油分や味つけなど、気になることを深掘り!

永瀬 ポテトチップスって高カロリーだと思っていたので、今回、ナチュラルカルビーと出合って驚きました。1袋200kcal以下ってすごくないですか!?
吉田 かなり努力しました。
矢口 どうやって1袋200kcal以下にしたのか、知りたい!
吉田 一番は、通常のポテトチップスより、油分が少ないこと。ナチュラルカルビーには2つの食感があって、普通のポテトチップスタイプと、ハードタイプがありますが、とくに前者のチェダーチーズとフレンチサラダは、油分を25%もカット(※)しているんですよ。
御堂 すごい! 確かに指が油でベタベタしないし、袋の中も油がついていなくて、きれいだなって思っていました。
吉田 普通、ポテトチップスを作る時は、揚げたあとに味つけをする工程がありますが、その前に「脱油」という工程を新たに加えて、油をしっかり落としています。
御堂 ほかのポテトチップスは、やっていないんですか?
吉田 はい。カタチが壊れてしまうので、実はとても難しいんです。でも、それを実現するために、専用の新しい機械を開発しました。
永瀬 そうだったんですね! あと私が感激したのは、こういった商品なのに、おいしいこと。以前、自分でノンフライのポテトチップスを作ってみたけど、ビックリするほどおいしくなくて…。
吉田 ですよね(汗)。やっぱり油がないと旨みは出ないので、ナチュラルカルビーもおいしさとヘルシーさの最適なバランスを意識しました。あと、油分がカットされているからといって物足りなくならないように、味つけにも工夫しているんですよ。
矢口 え、例えばどういう?
吉田 チェダーチーズは隠し味にはちみつパウダーを使うことで、味に深みを出しています。
矢口 私、これ好きです。カルビーさんから発売されている「しあわせバター」の味に似ている気がします。
吉田 あ、そうです! あれが大人気なので、少し似せて甘い味にしています。

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)「ポテトチップス」比較


油分カットはもちろん、おいしくなくちゃ意味ナシ。

矢口 ほかにも何かありますか?
吉田 ハードタイプでいうと、シーソルトは海の恵みがつまった石垣の海塩を使って、まろやかというよりも尖った塩味に。一口目でおいしいと思えないと食べ進めてもらえないので、最初のインパクトは大事にしました。
永瀬 いくら1袋あたり200kcal以下でも、おいしくないポテトチップスだったら、無理してじゃがいもを食べているのと同じだけど、これくらいおいしかったら絶対お得!
御堂 少しサイズも小さいから、飽きずに食べきれますよね。
吉田 これは40g程度なのですが、通常のサイズが多くて食べきれないと感じる方にピッタリです。ちなみにポテトチップスタイプのほうは、ハードタイプより油が少ないぶん、同じグラム数でも枚数が少しだけ多く入っているんです。口を動かす回数が増えることで、満足感につなげたいと思いまして。
矢口 40gでも物足りないと思わなかったのは、そういう工夫があるからなんですね!
御堂 カルビーさんの努力と技術がこの中にギュッと詰まっている感じ。とにかく、女子思いのポテトチップスができて嬉しいです♡



ナチュラルカルビーのおいしさのヒミツ

1)独自製法の“脱油”でカロリー↓。
1)独自製法の“脱油”でカロリー↓。
チェダーチーズとフレンチサラダは、味つけ前に脱油をして、通常のポテトチップスより油分を25%カット(※)。

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)「ポテトチップス」比較

2)隠し味でおいしさしっかり。
2)隠し味でおいしさしっかり。
はちみつパウダーの甘さでチェダーチーズの味を引き出すなど、油分がカットされている代わりに隠し味を活用。


 
3)2つの食感で満足感◎。
3)2つの食感で満足感◎。
ポテトチップスタイプは枚数が多め。ハードタイプはその堅さで噛む回数が多くなって、少量でも食べ応え抜群。


 

罪悪感なく食べきりの満足感。
ナチュラルカルビーの4つの味。

袋を開けるとつい食べきりたくなる。そんな欲求を罪悪感なく叶えてくれる、ナチュラルカルビー。国産のじゃがいも使用。カロリーを気にせず、食べ終わると幸せな気持ちに。
 
ナチュラルカルビー ポテトチップス チェダーチーズ味

ナチュラルカルビー ポテトチップス
チェダーチーズ味

ほんのりと甘いチェダーチーズ味は、まさに女性好み。この4種類のうち、最も低い193kcalというのも嬉しい。

ナチュラルカルビー ハードチップス シーソルト味

ナチュラルカルビー ハードチップス
シーソルト味

バリッと堅いハードタイプ。一口目で塩のおいしさが感じられるよう、海の恵みがつまった石垣の海塩で味付け。


ナチュラルカルビー ポテトチップス フレンチサラダ味

ナチュラルカルビー ポテトチップス
フレンチサラダ味

フレンチサラダの心地よい酸味がアクセント。甘さとのバランスも絶妙で、さっぱりとした後味。

ナチュラルカルビー ハードチップス ベイクドオニオン味

ナチュラルカルビー ハードチップス
ベイクドオニオン味

香りと味の両方から、玉ねぎの甘さとおいしさが口いっぱいに広がる。食べ応えのあるハードタイプ。



ほかにもまだある! カラダ思いのカルビー「BFY」シリーズ。

ほかにもまだある!カラダ思いのカルビー「BFY」シリーズ。
「BFY」とは「Better For You」の略で、カラダのことを考えたラインナップ。着色料不使用など素材のおいしさに加えて、油分カット、食物繊維入りといったカラダにやさしい工夫が加えられています。
青い鳥のマークを目印にチェック。


・さやえんどう 油分ひかえめさっぱりしお味

さやえんどう 油分ひかえめさっぱりしお味

えんどう豆のうまみと甘みがつまったスナック菓子。食物繊維たっぷりで、油分25%カット(※2)。

※2 カルビー「さやえんどう さっぱりしお味」比較

・さつまりこ 焼きいも

さつまりこ 焼きいも

大人気のじゃがりこシリーズにもさつまいもを使ったBFYが。香ばしい焼きいもの味わいが後を引く。


・さつまいもん。

さつまいもん。

カリッとした食感のさつまいもチップス。黒糖の甘さがさつまいも本来の味を引き立てる。

・おさつビー

おさつビー

食物繊維がたっぷり入った皮つきのさつまいもスティック。素材のやさしい甘さが楽しめる。


問い合わせ先・カルビーお客様相談室☎0120・55・8570

写真・岡田 潤 スタイリスト・中根美和子 ヘア&メイク・上川タカエ モデル・横田美憧 取材、文・保手濱奈美 撮影協力・UTUWA


《PR》