恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

美しいバストは選び方がキモ! 正しいブラジャーでサイズUP♡|スタイリストの体型カバーテクニック術 ♯16

文・角侑子 — 2017.3.8
暖かい季節のせいか、何か身の回りを整理したくなるこのごろ。洋服はもちろん、インナーやランジェリーもこの際、見直してみてはどうでしょう? 季節が変わると店頭にある春色のランジェリーも欲しくなりますよね♡ ですが、買う前にちょっとまって! 正しいブラの選び方をご存知ですか? 今回はランジェリーの正しい選び方をご紹介します。

【スタイリストの体型カバーテクニック術】vol. 16

ブラはジャストフィットが鉄則!

洋服などの既製品は自分の体に全てピッタリすることが無く、ちょっとした弛みやキツさを感じたところで、何となく着られてしまうため、ランジェリーに対しても同じように接することがありませんか?

「ストラップが落ちるけど、まぁいいか」
「あ、ワイヤーがあたって痛いな、キツいな」

そう思っても、もったいない精神から着用し続けてしまいがちですが、ランジェリーに至ってはジャストフィットを追求してください。でないと、おっぱいの肉が背中に流れたり、形が変形したり、体の健康に害を及ぼす可能性もあると言われているのです。見定めるポイントは “着けている” という感覚がないほど、ラクな状態です。サイズについては、必ずお店の方と一緒にチェックすると間違ったサイズを買うことが少なくなりますが問題は、ブラの形選び。

バストが大きい方はフルカップブラ

バストが大きいとパッドを入れていなくてもボリュームが出ちゃって、洋服を着た状態だと何だか太って見えることはありませんか? それがイヤで、できる限り目立たないように胸をつぶすようなブラやボリュームを感じさせないブラキャミを選んでしまうのは実はNG。

バストが大きい方は立体感を出してくれるブラを選びましょう。ブラのカップはしっかりホールドしてくれるようにフルカップがキレイなバストの形を保ってくれます。また、バストは鎖骨の中心・乳首を点で結んだ三角が正三角形になる位置が理想とされています。年々バストの位置や形は変化していきますので、ブラで正しい位置へ調整しましょう。

小胸さんは、ブラカップを浅めにすると色気UP!

ブラのカップにはフル・ハーフ・3/4というカップのサイズがあります。小胸さんのバストを美しく見せてくれるのは浅めの3/4カップブラ。カップ上手が斜めにカットされているので鎖骨からバストに流れるラインを美しく見せてくれます。

ハーフブラは3/4カップブラとは違って、カップの上部が水平にカットされていて小さい胸を下からしっかり支えボリュームを作ってくれるのでこちらもオススメです。

左右でサイズが違う場合は?

私達の想像以上に、バストのサイズは正しい付け方によって大きく変わります。しかし、それは正しいブラを選んでいないがゆえに、本来バストであるべき脂肪が脇へ流れてしまうのを正しい位置に戻すことでブラの大きさが変化するもの。定期的にブラは試着をし、サイズをアップデートしていければ良いですね!

また、胸が左右でバランスが違うという方もいます。こういった方の場合は、サイズが大きい方のバストが心地よくフィットする方を選びましょう。プラスα、小さい方のサイズにパッドを足していくことでバランスの良い形を維持できますので、ぜひ試してみて下さいね。


【体型コンプレックスをファッションで解消♪】

【あなたのタイプはりんご?砂時計?】 #1 自分の体型を知ってコーディネートに変化を! スタイリストの体型カバーテクニック術
【りんご体型さんの冬コーデ♪】#2 丸みを抑えたスタイリング方法 スタイリストの体型カバーテクニック術
【洋なし体型さんの冬コーデ♪】#3 下半身太りを軽減させたスタイリング方法 スタイリストの体型カバーテクニック術