恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

バブル期かよ…!? 男が萎える「アイシャドウ」3大NGメイク|男ウケ最悪!モテを遠ざけるダメダメ美容#14

文・並木まき — 2017.11.5
男が「バブル期かよ!?」とツッコミたくなる、時代遅れギラギラメイクをしてはいませんか? 特にアイシャドウは相手の目に入りやすいので、ちょっと違和感があるだけで、男ウケはNG! そこで今回は、時短美容家である並木まきが、“男が萎えるアイシャドウメイク”の特徴をご紹介します。

■1:幅広のブルー系シャドウ

その昔、バブルの時代にはディスコ(クラブじゃないんです)で、夜な夜な踊り明かすお姉さんたちが沢山いらっしゃいまして、彼女たちの“勝負メイク”と言えば、ブルー系の幅広アイシャドウが鉄板でした。

そんな背景もあり、幅広のブルー系シャドウは「バブルかよ!?」と思われる典型メイクに。

最近も寒色系のアイシャドウがトレンドではあるものの、広めに塗ってしまうと、いかにもバブルな雰囲気を醸し出してしまいます。

男ウケは狙いつつ、今ブルー系のシャドウを使うなら、“目尻のみ”などのポイント使いが成功のカギに。

■2:パープル系シャドウ

バブル時代にはインパクトが強いメイクが流行し、強めのパープルアイシャドウも人気が高かったです。

時代は変わりましたが、今でも秋冬になると、深みのあるパープルアイシャドウの需要が高まります。

しかし、パープルの色みって実は、男には「古臭い」「流行遅れ」などと辛辣な感想を抱かれがち。

特に、濃いめのパープル系シャドウが“バブル感”を醸し出しやすいので、今、パープルシャドウを使うなら、淡めなものを差し色に使うくらいが無難でしょう。

■3:とにかく濃いめのアイシャドウ

ブラウン系、レッド系、グルーン系など今年リアルにトレンドであるカラーでも、濃い目に塗り過ぎてしまうと、それだけでバブル時代を彷彿とさせるメイクに。

バブル期には、とにかく“塗りたくりました!”な濃いめのアイシャドウメイクがトレンドだったこともあり、「あの時代のメイク……」という印象を受けてしまうようです。

ちなみに、アイシャドウのインパクトが強すぎると「ケバい!」と思われやすく、その辺りもバブルなイメージをより増長させ、萎える男も多いかもです。

アイシャドウの発色にもよりますが、1~2回塗りでとどめておくと安心でしょう。

最近女子の間では、一周回って「バブルメイク可愛い!」と言われてもいますが、男たちにその良さは分からないみたい。

アイシャドウが与える印象は、メイク全体のイメージも左右します。「時代遅れ……」と男をドン引きさせてしまうことのないよう、アイシャドウ使いは今っぽさを意識しましょう。


【人気記事をもっと読む♡】
乾燥してると「男が萎える」意外なボディパーツ3選
男が「気持ち悪い…」と思う3大チークの入れ方
「だせぇ…」男が流行遅れだと思う3大メイク

【男子戦慄!女のムダ毛…】モテ女必見「脱毛サロン」の選び方4つ – PR

(C) Demidenko / Shutterstock
(C) Ekaterina Jurkova / Shutterstock
(C) Coy_Creek / Shutterstock
(C) sakkmesterke / Shutterstock