恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【旦那の出勤後…】昼顔妻の不倫相手への「甘えん坊LINE」3つ

文・塚田牧夫 — 2017.9.16
朝、夫を送り出し、家でのんびりと過ごす妻。優雅な暮らしをしている上に、不倫までして楽しんでいる昼顔妻……、なんということでしょう! それにしても、どうやって不倫相手との関係を維持しているのか。LINEのやり取りなんかも気になるところ。そこで今回は、“昼顔妻が不倫相手に送っている甘えたLINE”をご紹介しましょう!

「どのへん走ってるの?」

「私の不倫相手は、自動販売機のジュースの補充の仕事をしている人。年齢が八歳も下で、まあ若い肉体に溺れたってとこですね。

平日はもちろん仕事。でも、配送ルートがうちから近いので、意外と会えたりするんです。

“どのへん走ってるの?”ってLINEして、“会いたいよ~”って甘えると、うちに寄ってくれることがあるんです。トラックもあるし、さすがに長い時間は居れないですけどね。

自販機の仕事って、缶が変形すると買い取りになるらしくて、そのつぶれた缶コーヒーを二人で飲むぐらい。そんな短い時間でも、一緒に居ると楽しいんですよね」マチコ(仮名)/31歳

「会いたいけど我慢しないとね」

「私は不倫に対して、悪いことをしてるってちゃんと自覚してます。でも、寂しいとしちゃうんですよね~。だからせめて、相手に絶対迷惑を掛けないよう意識しています。

私の不倫相手は普通の会社員なんですけど、外回りが多いらしくて、平日でも時間が作れるって言うんです。そりゃ私も会いたい。できれば時間を作って欲しい。でも、そうするとキリがない。

きっと仕事もダメになって、人生も悪い方向に行っちゃうと思うんです。だから“会いたい”って甘えつつも、本当に会ったりはしません。

“会いたいけど我慢しないとね”って。お互いにルールを守っていい関係を築いてますよ」ユナ(仮名)/29歳

「おまけしてくれる~?」

「私の彼はパン屋の店員さんなんです。結構人気があるお店で、夕方くらいになるとほとんどパンもなくなるぐらい。

私もたまに買いに行くんですけど、その前に“おまけしてくれる~?”って連絡をいれておきます。すると“もちろん!”って返事が。

それで行ってみると、美味しいパンを別に置いておいてくれてるんです。しかもおまけどころか、タダ。

ひとりじゃ食べきれないので、翌日の朝食として出すんですけど、不倫相手のお店で売ってるパンを食べる主人に対しては、ちょっと心苦しさも感じます」フミ(仮名)/31歳

昼顔妻が不倫相手に送っている甘えたLINEをご紹介しました。

男は甘えられて嫌な気はしません。むしろどんどん甘えて欲しいと思っています。男は上手に甘える女性に弱い! なので男を手玉にとりたければ、上手に甘えるのが近道でしょう。


【その他の記事もチェック!】
【悲惨&卑怯すぎる…】不倫相手から届いた「恐怖のLINE」2つ
「したいと思えない…」深刻なお悩みに!セックスレス打開策3つ
【俺、必要ないのかな…】夫を不倫に走らせた「妻の心ないひと言」4選

【今始める女がモテる!】痛くない・早い・安い「脱毛サロン」とは?-PR

(C) SFIO CRACHO / Shutterstock
(C) ImYanis / Shutterstock
(C) RossHelen / Shutterstock