恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【呪われる可能性も…!?】不幸を招く「モノの捨て方」NG集4選

文・脇田尚揮 — 2017.9.23
持っていると運勢が下がると聞いたものを、いざ捨てようと思っても実際にどうすればいいのか分からない場合も多いですよね。間違った捨て方をしてしまうと、とんでもない不幸に見舞われてしまうことも……。そこで今回は、“不幸を招く!モノの捨て方NG集”を占い師の脇田尚揮さんがご紹介します。

■パワーストーン…浄化して土に返す

パワーストーンのブレスレットの紐が切れたりして、その後どうしようと悩む人は多いのではないでしょうか。結果、あれこれ悩んで、そのまま燃えないゴミに出してしまうことが多いようです。

しかし、それは絶対にNG。あなたを守ってくれた石に“不敬”となる行為です。

パワーストーンは自然に返してあげるのが一番。スタンダードな方法としては、土に埋めるのが理想的でしょう。キチンと浄化(水晶で清めるなど)して土に返さないと、あなたに不運が返ってくることも……。

■鏡…塩水で拭いて和紙に包んで埋める

鏡は古来より神聖なものとして扱われていました。また、霊魂の通り道ともされているアイテム。そんな鏡をそのまま廃棄してしまうと、あなたに災いが降りかかってくる恐れが。

もしも使わない鏡や割れた鏡を処分する際には、塩水をかけるか拭いてから、和紙で包んで埋めてあげましょう。

大切なのは、感謝の気持ちを持って手放すこと。もうひとりの自分と向き合う気持ちで処分しましょう。

■人形…神社仏閣で焼却してもらって

人形を処分するときは、特に注意してください。人の形をしたモノゆえに、想いや怨根が宿りやすいアイテムなのです。

実際に処分した人が、病気に見舞われたり怪我をしたりしたという話は、よく聞きます。人形は神社や仏閣で焼却してもらうのが一番です。

下手に自分で捨てようとすると、あなたも人形と同じ目に遭うかもしれません……。

■貴金属品…売るのが良いかも…!?

鏡やお人形と比較し、貴金属品の捨て方に困る人は少ないでしょう。でも実は、呪いのアイテムとして最も注意しなければならないのが、この“貴金品”なのです。

特に女性が身につけていたモノは、持ち主の想いに感応して、その人固有のものになっていくので、むやみに捨ててはいけません。

いらなくなったリングやネックレスは、本当は海に捨てるのが一番。それが難しい場合は、リサイクルショップで売るのもアリです。

ただし、それを買った人は……。貴金属品はリサイクルショップで買わないようにしましょう。

モノは買うときよりも、捨てるときこそ慎重にならなければなりません。

昔から、モノには魂が宿る“付喪神(つくもがみ)”という概念があります。どんなものでも、扱っているうちに霊魂や精霊が宿るのです。

だからこそ、お別れするときには感謝の気持ちを持って、敬意を払うことを忘れないようにしましょう。


【こちらも知っておきましょう……】
【持っていると金運爆下がり…】今すぐ「捨てるべき」もの4選
【閲覧注意…】知ったら怖い「日常生活に現れる」不吉な予兆4選
【意味を知ると怖い…】「家へ持ち帰ってはいけない」不吉なもの4選

【今始める女がモテる!】痛くない・早い・安い「脱毛サロン」とは? – PR

(C) LaineN / Shutterstock
(C) Photographee.eu / Shutterstock
(C) Chinnasut Nhurod / Shutterstock
(C) Carlos andre Santos / Shutterstock