恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【時の流れは残酷ね…】「関係が冷え切った夫婦」のLINE覗き見3連発

文・塚田牧夫 — 2017.9.5
「いつまでも変わらぬ愛を……」なんて誓いを立てて結婚しても、いつまでも気持ちを持続させるのは難しく、やがては冷めてしまうもの……。それは言葉や態度に如実に表れるようになります。そしてついにはLINEにまで……。関係の冷え切った夫婦がいったいどんなやり取りをしているのか、覗いてみましょう!

超敬語

「仕事帰り、妻からLINEで“ナンプラー買ってきて”とメッセージが来たんです。正直あまり料理をしないので、ナンプラーがなんだかよく分かりませんでした。

コンビニをいくつか回ったけどどこにもなくて、“ないんだけど”と送ったら、“早くしてよ”とだけ。スーパーに行ってやっと見つけて買って帰りました。

そして妻に、人へのものの頼み方について注意したんです。するとそこから、恐ろしいぐらい丁寧な敬語で送ってくるようになりました。

“お忙しいところ申し訳ございません。〇〇を買ってきていただけますでしょうか。よろしくお願い致します”みたいな。

丁寧だけど有無を言わせないという圧力を感じます」コウジ(仮名)/28歳

浮気相手への誤送信を無視

shutterstock_527014723

「夫には一度浮気されてからというもの、まったく愛情がなくなってしまいました。近いうちにきっと別れるだろうし、別に浮気しようが興味はありません。

LINEでもほとんどやり取りはしないけど、あるとき珍しくメッセージが来ました。“明日って何時に来れそう?”と。

その日は会社の飲み会があるとかで遅くなると言ってた日。これは浮気に違いないと思いました。相手を間違えて送ったとすぐ分かりました。

すると、すぐにまたメッセージが。“ごめん後輩と間違えた”とフォローの内容。でも、会社の人に“?”を絵文字になんてしないでしょう。

そこから“オレ幹事だからさ”とか“人数把握するのが大変で”とか必死にごまかすけど、全部無視。滑稽でしかなかったです」アリコ(仮名)/30歳

メモ代わりに使われる

「あるとき妻からLINEが入りました。“ナス”“卵”“ティッシュ”などなど。意味が分からなかったので家に帰って聞いたら、買い忘れないようにメモをしたのだと。

そのときはなんとも思わなかったんですが、それからというもの、夫婦のLINEの欄は完全にメモ化。

見たいテレビ番組や、友だちから聞いたおススメの映画、美味しいお店などが送られてくるようになりました。会話をする余地はもうありません……」カズ(仮名)/31歳

関係が冷え切った夫婦のLINEエピソードをご紹介しました。

夫婦の関係としては末期の状態ですね。ここから再びやり直せることが、果たしてあるのでしょうか……。皆さんにはなんとかこの状態にまで陥らないよう、未然に防いで頂きたいものです。


【ゲスすぎる…! 不倫カップルの驚愕エピソード】
【2人だけの秘密♡】「職場不倫カップル」のLINEゲス活用術3つ
【女探偵は見た…!】既婚女性が「不倫に走る」危険な瞬間3選
【昼顔妻が大暴露!】不倫相手との「最高に興奮した」LINEやりとり

【今始める女がモテる!】痛くない・早い・安い「脱毛サロン」とは?-PR

(C) Dean Drobot / Shutterstock
(C) Farknot Architect / Shutterstock
(C) dotshock / Shutterstock