恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【彼氏に送るはずが!?】父親への「恥ずかし誤爆LINE」体験談2つ

文・塚田牧夫 — 2017.9.7
LINEは気軽にやり取りできてとても便利。だからこそ、これだけ広く浸透したのでしょう。でも、あまりに気を抜いた状態で使っていると、思いがけない事態を招く場合も……。それは、“誤送信”。友だち相手へのメッセージならまだしも、彼氏へのメッセージを別の人に送り間違えたりしたら大変! 今回は、誤送信経験のある女子に、父親に誤爆した恥ずかしいLINEをお聞きしました!

「今から家に行っていい?」

「友だちと飲みに行って帰りが夜遅くなり、終電を逃しちゃったんです。タクシーで帰るとお金もかかるしと思って、近くに住んでる彼の家に行こうと思いLINEしてみました。

“今から家行っていい?”と送ると、なぜか父親からメッセージが。見返すと、彼と間違えて父親に送ってました。

ヤバい……と思ったけど、父親がなぜか勘違い。“もうじきお母さんも寝るから大丈夫だぞ”って。

どうやら、帰りが遅くなってお母さんが怒ってるのではないかと、私が心配してると思ったみたいでした。

急いで家帰ったら、父親は起きて待っていてくれました。そして、黙って水を一杯出してくれました。いつまでも子ども扱いしてくれる父親に感謝……」ユウナ(仮名)/25歳

「ゴムある?」

「彼氏の家に行く途中でした。ちょっと化粧品を買っておこうと、薬局に寄ったんです。そこで、そういえばコンドームがもうじきなくなりそうだった……って思い出しました。

で、彼に聞いてみようと思って“ゴムある?”とLINEしました。しかし相手を間違えた! 彼ではなく父親に送っちゃったんです。

すぐに返信がありました。“なんのゴム? 髪のやつ?”と。どうやら髪の毛を束ねるものだと思ったよう。助かった!

すぐに“やっぱ大丈夫!”と返しました。が、遅かった……。

父親から“ちょっとお母さんに聞いてみる”と返信が。そこでLINEは終了。その日は、家に帰るのがとても気まずかったです。どうやら、母親は気付いたみたい……」アイミ(仮名)/26歳

父親に誤爆した恥ずかしいLINEをご紹介しました。

父親もやはり男。母親と比べて、察しが悪いですね。しかし、憎めない。愛すべき鈍感です。誤爆する場合は、女性よりも男性へのほうがダメージが少なそう。まあ、誤爆しないに越したことはありませんが。


【ゲスすぎる…!体験談をもっと見る】
【2人だけの秘密♡】「職場不倫カップル」のLINEゲス活用術3つ
【生理が災いして…】「妻の妊娠中」に魔が差した不倫体験談3つ
【昼顔妻が大暴露!】不倫相手との「最高に興奮した」LINEやりとり

【今始める女がモテる!】痛くない・早い・安い「脱毛サロン」とは?-PR

(C) GRSI / Shutterstock
(C) Dean Drobot / Shutterstock