恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【俺、必要ないのかな…】夫を不倫に走らせた「妻の心ないひと言」4選

文・塚田牧夫 — 2017.9.1
「何気ないひと言が心にしみた」ということはよくあります。その逆も然り。何気ないひと言がグサッと胸に突き刺さることも。意識していない言葉で夫を傷付け、不倫に走らせてしまう場合もあります。今回は、不倫経験者の男性に聞いた、不倫に走るキッカケとなった妻の心ないひと言をご紹介します。

「父親のニオイに似てる」

「朝方、ベッドで一緒に寝ていたときのことです。妻が隣でクンクンと鼻を鳴らし始めました。『どうしたの?』と聞いてみると……。

『なんかお父さんのニオイに似てる』と。

そのときは悪い気はしませんでした。父親の姿を重ねてるのかな……ぐらいに思ってました。でも、よくよく考えると違う。

父親のニオイって、女性にとって嫌いの代名詞じゃないですか! 気付いた途端、ガクッと崩れ落ちましたよ」ショウタ(仮名)/28歳

「誕生日は別々に過ごしたい」

「妻の誕生日が近付いてきたある日のこと。たまには妻の望みを叶えてあげようと、尋ねました。

『誕生日どうする? 特別になんでも言うこと聞くよ』

妻はちょっと悩んで言いました。『じゃあ、別々に過ごしたいかな』と。

やりたいことがいっぱいあるそうで……。俺、必要ないのかな……と思っちゃいました」ユウ(仮名)/30歳

「1週間ぐらい使えるんじゃない?」

「使い捨てコンタクトレンズを使っているんですが、それをネットで注文してたんです。覗いてきた妻が『また買うの?』と嫌な顔。

『1日で使い捨てだから結構必要なんだ』と言うと、『1週間ぐらい使えるんじゃないの?』と心ない言葉が……。

いやいや、1日使い捨てだから! 身体のことを心配してくれる女性が欲しいと思ってしまいました」カズ(仮名)/28歳

「あの地震さえなければ…」

「僕たち夫婦は、天災がキッカケで付き合い、結婚に至りました。

当時は毎日がすごく不安で、常に人と一緒に居たいと感じてたんですよね。だから自然と一緒にいる時間が長くなり、自然と結婚の話になりました。

今でも毎年そのことを話したりするんです。僕は『あの地震がなかったら結婚してなかったよな』しみじみ言います。でも、あるとき彼女は言いました。

『そうだね。地震さえなければね……』

なんかゾッとしましたよ。まるで後悔しているような口調。あんなに支え合ったのに……。人の心って、変わるんだな……と実感しました」マモル(仮名)/31歳

不倫に走るキッカケとなった妻の心ないひと言をご紹介しました。

直接的な不倫のキッカケではなく、心が離れていくキッカケを作ってしまった言葉といったところでしょうか。何でも言える間柄でも、気を付けるべきことはあるようです。気を許しているときこそ、発言にはご注意を。


【その他の恋愛記事もチェックして♡】
【妻は確信した…】「一線を越えた」浮気夫のLINE覗き見2連発
【悲惨&卑怯すぎる…】不倫相手から届いた「恐怖のLINE」2つ
【仕事中の旦那に…】昼顔妻の「LINE誤爆」冷や汗体験談3つ

【今始める女がモテる!】痛くない・早い・安い「脱毛サロン」とは?-PR

(C) LightField Studios / Shutterstock
(C) Syda Productions / Shutterstock
(C) Africa Studio / Shutterstock
(C) fizkes / Shutterstock