恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【男の本音】「私」を連発する女|実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #2

文・並木まき — 2017.9.7
モテるためには、自分の存在アピールは有効。だけど、それも“やり過ぎる”と、あっという間に非モテに転落です。「モテよう」と思って意識的にしていることなのに、かえってモテを逃していたらとても残念です。年齢を重ねたオトナ女子がやりがちな“痛い特徴”をお届けするこのシリーズ。今回は……、「私」連発女です。

【その努力ムダです! 実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #2.自己アピールが逆効果!「私」を連発する女】

このフレーズ、違和感ない?

「私、イタリアンが大好きで~」
「私、明日は大事な仕事があるんだぁ」
「私も行きたいけど、他には誰が行くの?」

共通するのはどれも「私」主体のフレーズであること。単独では、特段違和感を感じないフレーズでも、3つ続くと、あれ……?

発言の中に、あまりにも「私」というワードが多いと、“自己主張の激しい女”だと思われてしまう可能性が高いです。

「私が」「私も」「私って」……などなど様々なパターンがありますが、「私」という言葉が入るだけで、“自分のことを話している感”が一気に強くなりますよね。

自分がどうしたいのか、あるいは自分がどんな人物なのかを伝えるのは、自己アピールという観点ではとても大切。しかし男性は、会話に「私」が多い女子には強い違和感を抱くみたい……。

「もう君の話はいいよ!」と思う男たち

たとえば、先ほどの会話から「私」というワードを省いてみましょう。

「イタリアンが大好き」
「明日は、大事な仕事があるんだぁ」
「行きたい! 他には誰が行くの?」

あら不思議。本来の意味は通じるし、なんだか少し女性らしく自然な言い回しに感じられます。

「発言に“私”が多い子は、それだけですごく自意識過剰に見えるよね。元カノがこの手のタイプだったんだけど、末期の頃は彼女が口を開くだけで、イライラしていました(笑)。“もう、君の話はいいよ”ってね」(30代男性/会社経営)

実は今回の記事テーマ、筆者の男友達のこの発言が発端。

「なるほど。逆もしかりで、“俺が”“俺って”が多い男子はちょっとウザく見える……」と妙に納得した私は、別の男性にも意見を聞いてみることに。

「そういう子、いるよね。俺は苦手。“私”が多いと、ワガママに聞こえる。そういえば、この前の飲み会にもいたかも(笑)“君の話は、もうウンザリだよ!”って思ってしまったのは、“私”って言葉に原因があったのかもなぁ」(30代男性/会社員)

「いるいる。“私が”“私は”って、いちいち主語が自分な女でしょ? うるさく聞こえるよね、なんでなんだろう。適度ならいいけど、あまりにも続くと本当にウンザリするんだよね」(40代/会社員)

「“私”が多い子ほど、自分の話ばかりしていることに気づいていない。こっちは我慢して聞いてあげてるのに……、一緒にいて正直疲れる」(20代/会社員)

「私」が入っているかいないかで、彼らへの聞こえ方はガラっと変わるみたい。自分の話をする際には、「私」という言葉は省いたほうがよさそうですね。

自己アピールもすっかり逆効果な、「私」連発女。いかがでしたか?

周囲を見渡すと、そういう女性って結構いますよね。あなたは大丈夫? モテを逃すBAD習慣は、今すぐ改善していきましょう。


【こんな女になってない!?】
【意外と多いんです…!】美人なのに最終的に「結婚できない」女の特徴4つ
【あちゃ~…】男性が相談を受けて「彼氏できなさそう」と思う女性の特徴3選
【男の赤裸々経験談!】結局「本命になれない女」のLINEの特徴3つ
【男の本音】初デートで「2回目はないな…」と感じた女の特徴3つ

【今始める女がモテる!】痛くない・早い・安い「脱毛サロン」とは?-PR

(C) Arthur-studio10 / Shutterstock
(C) Cressida studio / Shutterstock